清水が2021シーズンのキャプテンを発表! 権田ら新加入2選手を含む3人体制に「チームメイトに要求していきたい」

清水が2021シーズンのキャプテンを発表! 権田ら新加入2選手を含む3人体制に「チームメイトに要求していきたい」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/02/21
No image

新加入の権田ら3選手が清水のキャプテンに就任した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

清水エスパルスは2月21日、2021年シーズンのキャプテンを発表。新加入のGK権田修一とDF鈴木義宜、そして4年連続となるMF竹内涼の3人が選ばれた。

権田は、ポルトガル1部リーグのポルティモネンセから期限付きで加入。ポルトガルでは、熾烈なポジション争いに苦戦し、なかなか出場機会を得られないまま3年ぶりのJ復帰となった。それでも日本代表としても18試合に出場するなど経験豊富な31歳は、「まずはそれぞれが責任感を持ってやることが大事だと思うので、そういった部分をチームメイトに要求していきたい」と意気込んだ。

鈴木義は大分トリニータから完全移籍で加わったセンターバック。昨シーズンはJ1で33試合に出場し、果敢なシュートブロックで何度もチームのピンチを救い、守備陣を牽引した。「まずは自分が持っているものをしっかりとチームに還元し、皆のお手本になれるよう取り組み、チームを引っ張っていきたい」と気持ちを新たにチームの先頭に立つことを表明した。

また清水在籍12年目と、所属選手のなかで最古参となる竹内は、主将としても4年目のシーズンを迎える。チームを誰よりもよく知るMFは、「ピッチの中だけでなく、ピッチ外でも懸命に取り組んでいきたい」とコメントしている。
キャプテンに就任した3選手のコメント全文は以下の通り。

■権田修一
「キャプテンが何かするというよりも、まずはそれぞれが責任感を持ってやることが大事だと思うので、そういった部分をチームメイトに要求していきたいと思っています。個人的にはポルトガル語を理解することができるので、チームに多く在籍するブラジル人と日本人が上手くコミュニケーションとる懸け橋となり、皆が一つになれるような手助けをしたと思います」

■鈴木義宜
「まずは自分が持っているものをしっかりとチームに還元し、皆のお手本になれるよう取り組み、チームを引っ張っていきたいと思います。キャプテンはこれまでも経験したことがありますが、3人体制は初めてとなります。2人を支えることも大切な役割だと思うので、権田選手、竹内選手の助けになれるよう、しっかりサポートしていきたいと思います」

■竹内涼
「キャプテンとして4シーズン目となりますが、チームとして結果を出すために、できることを、やらなければいけないことをやり続けたいと思います。これまでも仲間に助けられながらやってきているので、自分がよりチームメイトを助けることができるよう、ピッチの中だけでなく、ピッチ外でも懸命に取り組んでいきたいと思います」

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】権田がキャプテンに就任!清水らJ1各チームの予想フォーメーション

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加