阪神・近本光司「納得できた盗塁がたくさんあった」NPB AWARDS

阪神・近本光司「納得できた盗塁がたくさんあった」NPB AWARDS

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/11/25
No image

(左から)最多盗塁者賞の阪神・近本光司、最多安打者賞のDeNA・佐野恵太、最多安打者の中日・岡林勇希、首位打者賞・最多本塁打者賞・最多打点者賞・最高出塁率者賞のヤクルト・村上宗隆=都内ホテル(代表撮影)

プロ野球の年間表彰式「NPB AWARDS 2022 supported by リポビタンD」が25日、東京都内で開催され、30盗塁で2年ぶり3度目のタイトルを獲得した阪神・近本光司外野手(28)が出席し、「今年も盗塁王をとれて本当に光栄。自分としても納得できた盗塁がたくさんあったので、すごくうれしいです。去年は後輩の中野に盗塁王をとられたので、また今年2人で走っていって、最終的に勝ったのでよかったです」と胸を張った。バットでも何度もチームの勝利に貢献してきた。首位打者や最多安打のタイトルへの意欲についても「今年、3割切っちゃったんで、また来年、首位打者と最多安打、また(タイトルレースに)参加できるように頑張りたい。僕も(岡田監督から)いい指導を受けて、また来年、頑張りたい」と力を込めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加