「物忘れ」が増える原因はご存知ですか?医師が徹底解説!

「物忘れ」が増える原因はご存知ですか?医師が徹底解説!

  • Medical DOC
  • 更新日:2022/09/23
No image

忘れたことの自覚があって、部分的に記憶が悪化した状態のことを指します。物事を記憶したり判断したり順序立てて行う脳機能を認知機能といいますが、この認知機能が正常であれば、単なる物忘れであって、日常生活・社会生活に支障はありません。一方で、認知機能が低下している認知症の人は、忘れたことの自覚がなく、体験したエピソード自体を忘れてしまうために日常生活・社会生活に支障をきたします。認知機能が正常とは言えないけれど、認知症とも言えない中間の状態を軽度認知障害といいます。軽度認知障害の人は、物忘れが目立つものの、日常生活に支障が無いという状態です。「物忘れ」が増える原因としては、加齢と認知症の存在です。認知症にも多くの種類があり、病気を抱えながら過ごさなければいけない認知症(例:アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症など)と、治る可能性がある認知症(例:慢性硬膜下血腫、正常圧水頭症など)があります。慢性硬膜下血腫や正常圧水頭症は、手術によって認知症の症状は改善する可能性があります。そのため、年相応の物忘れだろうと済ますのではなく、物忘れがひどくなった際には病院を受診して認知症の原因を調べることは、意義があることです。

すぐ病院に行ったほうが良い「耳が痛い」症状は?

突然もの忘れ症状が起こり、手足の筋力低下やめまいなどがある場合

危険な行動があり、それを抑える事が難しい場合

これらの場合には、すぐに病院受診しましょう。

行くならどの診療科が良い?

主な受診科目は、内科、脳神経内科、脳神経外科、精神科です。問診、診察、血液検査、髄液検査、画像検査(CTやMRIなど)などを実施する可能性があります。

病院を受診する際の注意点は?

持病があって内服している薬がある際には、医師へ申告しましょう。患者本人の様子をよく知る人と一緒に受診してください。身近で見ている人だからこそ気づくことが、診断するための重要なヒントになる事があります。

治療をする場合の費用や注意事項は?

保険医療機関の診療であれば、保険診療の範囲内での負担となります。

物忘れ症状の病気

関連する病気

軽度認知障害

アルツハイマー型認知症

血管性認知症

嗜銀顆粒性認知症

レビー小体型認知症

前頭側頭型認知症

大脳皮質基底核変性症

進行性核上性麻痺

多系統萎縮症

進行性失語

パーキンソン病

ピック病

紀伊ALS/パーキンソン認知症複合

ハンチントン病

ウィルス性脳炎

自己免疫性脳炎

エイズ脳症

クロイツフェルトヤコブ病

プリオン病

脳腫瘍

神経梅毒

髄膜炎

神経精神ループス

神経ベーチェット病

神経サルコイドーシス

シェーグレン症候群

関節リウマチ

多発性硬化症

てんかん

慢性硬膜下血腫

正常圧水頭症

甲状腺機能低下症

副甲状腺機能亢進症

ビタミンB12欠乏症

ウェルニッケ脳症

コルサコフ症候群

肝性脳症

器質性健忘症候群

前向性健忘

逆行性健忘

一過性全健忘

解離性障害

身体表現性障害

外傷後ストレス障害

うつ病

脳震盪後症候群

脳挫傷

気分障害

幻覚症

緊張病性障害

統合失調症

人格障害

不安障害

せん妄

Medical DOC(メディカルドック)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加