予備として扱われ...ヘンリー王子とマーガレット王女の共通点

予備として扱われ...ヘンリー王子とマーガレット王女の共通点

  • コスモポリタン
  • 更新日:2021/04/09
No image

ヘンリー王子と、大叔母で祖母エリザベス女王の妹のマーガレット王女には、いくつもの共通点が。まず、それはどちらも英国王室から「スペア(予備)」とみなされた存在であること。

関連記事:仲が良かった二人に何が…ダイアナ妃とマーガレット王女の確執

つまり、国王または次期国王の第二子であり、王位継承権は持つものの、その順位は次第に下がり、実際に継承する可能性はほぼないということ。

これは、本人にとっては辛い状況といえるよう。理由は、「スペア」は君主になることがほぼないにもかかわらず、ロイヤルメンバーとしての重い責任を負うことが期待されるから。

また、マーガレット王女とヘンリー王子はどちらも、若い頃は反抗的だったことが知られています。そして、どちらもいわゆる“ロイヤルメンバーの恋の相手”ではない人と恋に落ちました。

No image

ヘンリー王子は離婚歴のあるメーガン・マークルと結婚しましたが、マーガレット王女が交際していたピーター・タウンゼント大佐にも離婚歴があり、当時は特に、彼を王女の結婚相手にふさわしいとはされなかったとのこと。

新著『

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加