在日中国大使館、藤嶋昭教授に中国国際科学技術協力賞を授与

在日中国大使館、藤嶋昭教授に中国国際科学技術協力賞を授与

  • 新華社通信
  • 更新日:2022/05/13
No image

在日中国大使館、藤嶋昭教授に中国国際科学技術協力賞を授与

12日、中国政府を代表して、藤嶋昭氏(左)にメダルと賞状を授与する孔鉉佑大使。(東京=新華社記者/華義)

【新華社東京5月13日】在日本中国大使館は12日、2020年度中華人民共和国国際科学技術協力賞の授賞式を行った。孔鉉佑(こう・げんゆう)駐日大使が中国政府を代表して、東京理科大学栄誉教授で中国工程院外国籍院士(アカデミー会員)の藤嶋昭氏にメダルと賞状を授与した。

藤嶋氏は1942年生まれ。「現代光電気化学の先駆者」として知られる世界的な化学者で、ノーベル化学賞の有力候補と目されている。

No image

在日中国大使館、藤嶋昭教授に中国国際科学技術協力賞を授与

12日、授賞式後、記念撮影する孔鉉佑大使(中央)と藤嶋昭教授(左から4人目)ら。東京=新華社記者/華義)

孔氏はあいさつの中で藤嶋氏に心からの祝意を表し、中国人留学生の育成や中日科学技術交流・協力の推進、中国古典文化の普及など数十年にわたる多大な貢献に感謝した。孔氏は、中日国交正常化以降、両国の人的・文化交流が一層盛んになり、科学研究協力が一層緊密になり、科学技術分野での交流と協力で実際的な成果を上げてきたと指摘。双方が国交正常化50周年を好機と捉え、より多くの協力の成果によって両国の人々に利益をもたらし、地球規模の課題に取り組み、全人類共通の幸福を増進するため、より大きな貢献を果たすことを望むと述べた。

藤嶋氏は、このような栄誉ある賞を与えてくれた中国政府に心から感謝すると表明。中国の学生と結んだ固い絆を振り返り、両国の科学技術協力をさらに促進し、全人類の幸福を高めるために積極的に貢献していきたいと語った。(記者/華義)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加