接種加速の墨田区...高齢者の“新規感染ゼロ”続く

接種加速の墨田区...高齢者の“新規感染ゼロ”続く

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/06/11
No image

動画を見る(元記事へ)

東京・墨田区では2回目の接種を終えた高齢者が10%を超え、ワクチン接種が加速しています。そして3日以降、10日までの1週間以上、60歳以上の新規感染ゼロの状態が続いている事が分かりました。

墨田区の区長が提示したデータ。墨田区では60歳以上の新規感染が3日から10日までゼロ。ワクチンの接種率が関係しているのか、区内の高齢者の半数以上がすでに1回目を終了。なかには…。

2回完了・66歳:「もう2回打ちました。母が90歳なんですよ。一緒に(予約を)取って」「(Q.ではお母様も2回?)2回やりました」

2回完了・88歳:「もう2回目も終わりました」「(Q.奥さんも終わっている?)もう(2回)終わってます」

この進捗(しんちょく)状況、特別な理由があるのでしょうか。

墨田区は去年12月から準備を開始。選挙管理委員会の職員4人をワクチン担当に抜擢(ばってき)し、投票場運営のノウハウをワクチン接種に生かしながら計画を進めたそうです。

自治体以外で打つ…。接種の窓口も増え始めています。日本航空と全日空は今月14日から職場接種をスタート。ソフトバンクは11日、職場接種のリハーサルを行いました。

一方、こんな窓口も立ち上がっています。団地。埼玉県川口市の芝園団地。その自治会が高齢者の予約を代行するサービを始めました。

2500世帯5000人が暮らす芝園団地。そのうち2000人が高齢者だといいます。

しかし、こうして高齢者のお手伝いをする側も…。

民生委員・荒木紀理子さん(66):「(Q.受付担当される方はおいくつ?)えっとですね…それ聞く?」

民生委員・藤本直美さん(66):「もたもたしているおばさんがやってるのよ。かわいそうだと思わない?」「(Q.今おいくつ?)66(歳)です!」

日本の縮図でしょうか。代行サービスを始めて半月。約100人の予約を手助けしました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加