まだ先だと思っていたら、意外とスグ来るお正月!インテリアになるお正月飾り5選

まだ先だと思っていたら、意外とスグ来るお正月!インテリアになるお正月飾り5選

  • ママテナ
  • 更新日:2022/11/25
No image

クリスマス、大掃除、お正月。すべてのイベントがあっという間に訪れる師走目前ですね。そんな中、今シーズンも心惹かれる「お正月飾り」がたくさん入荷しています。

あれもかわいい、これも素敵。

どこに飾ろうかな、、、飾ったらどんな感じになるかな。飾る場所の写真を撮って、webページと並べてみたりして。それも楽しい時間です。

今回のコラムは、買い足すならコレ!のお正月飾りバージョン。クリスマスから一気にお正月モードへ。新年らしくパッと明るくなるようなプラスワンアイテムをご紹介します。

【1】 インテリア雑貨のように飾るガラス鏡餅

まずは、毎年飾れるタイプの鏡餅。

「洋室やキッチンに合う、オブジェのような鏡餅はないかな?」 とお探しなら、このガラス製の鏡餅はいかがでしょうか。

No image

▲ ガラス製の橙が、キャンディーのようで可愛いです。

・ お正月らしく明るい彩りを、

・ 小さなガラスのオブジェ感覚で、

・ インテリアに季節感を取り入れてみる。

光の加減で表情が変わるガラスの透明感は、飾っている間中見ていて飽きません。ガラス雑貨好きさんに、ぜひチェックしていただきたい 「PRATO PINO」 の鏡餅オブジェです。

No image

他の陶磁器類やガラス製品と並べても、周りから浮かない透明感とツヤは、キッチンのカウンターやウォールシェルフ、モダンなリビングにも合いますね。

今年も来年も、ずっと同じようにツヤやかな清潔感。季節のオブジェコレクションに加えたい1品です。

No image

【ご紹介したアイテム】

千葉県にアトリエを構える「PRATO PINO」さんのガラスの鏡餅。ガラスならではの艶やかで瑞々しい表情。ちょっとしたスペースに置くだけでパッと華やかになります。

⇒鏡餅のオブジェ/PRATO PINO

【2】 スタッフ達も注目、白ウサギ干支飾り

今年のお正月飾りラインナップの中でも、スタッフ達からの人気NO.1が実はこのウサギオーナメントなんです。

撮影小物としてページでもチラチラと映り込んでいるので、気になっていた方も多いのではないでしょうか。

No image

1年中飾れる、シンプルな「白」ウサギ。

400年の歴史がある焼き物の街「波佐見」にて、熟練の職人によって丁寧に作られているウサギ。陶磁器作家・石原亮太さんのこの作品は、白一色のシンプルなデザイン。お正月の後もインテリア小物として飾り続けることができます。

No image

▲ 360度どこから見ててかわいい。優しい雰囲気のウサギです。

本棚、玄関、お気に入り雑貨を置く飾り棚、ちょっとこの辺が寂しいなというスペースに、”ようこそ、ウサギ”と迎えたい愛らしさ。手仕事の温もりがある、波佐見の白ウサギをお届けします。

No image

【ご紹介したアイテム】

波佐見から届いたウサギの干支飾り、陶磁器作家・石原亮太さんの作品です。シンプルな白いウサギは、インテリアとしてお正月以外の季節も飾れます。

⇒オーナメント ウサギ/Pebble Ceramic Design Studio

mamatenna

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加