ハイランダー新作ソロテントはセンターポールの無いティピー型?!TC素材で焚き火も◎

ハイランダー新作ソロテントはセンターポールの無いティピー型?!TC素材で焚き火も◎

  • ハピキャン(HAPPY CAMPER)
  • 更新日:2022/06/23
No image

アウトドアブランド「Hilander(ハイランダー)」が、2022年7月1日(金)18時より「A型フレームディアーグポリコットン(キャノピーポール2本付き)」の予約販売の受付を開始します。センターポールが無いA型フレームで内部空間が広々、一年を通して活躍できるソロテントです。

隠れ家的なソロテント「A型フレームディアーグ」

No image

空間を広々と使える隠れ家的ポリコットンソロテント「A型フレームディアーグ」が、ハイランダーのラインナップに加わりました。

[ 関連記事を読む - テント・タープ・シェルター ]

素材には、ポリコットンを採用

No image

ポリエステルとコットンの混紡素材であるポリコットン生地は、ポリエステルに比べ遮光・遮熱性に優れており、夏は涼しく、冬は暖かいので一年を通して利用することができます。

このコットン繊維は吸湿性に優れるため、寒い季節のテント内の結露を抑えてくれる効果もあり。

No image

また、コットンとポリエステルの利点を生かした素材のため、焚き火の火の粉が飛んでも穴が空きづらく、コットン素材と比べると乾きやすいなどの特性があります。

室内を広く使えるA型フレーム採用

No image

センターポールが無いため、内部空間を広々と使用することができます。

テントの形状は6パターン以上

No image

開口部のサイドフラップを拡張し側壁を作ることでまるで隠れ家的なテントになり、一人の空間をとことん堪能できること間違いなし。

No image

左右のサイドフラップは変幻自在、複数パターンの張り出し方法を楽しめます。

A型フレームディアーグ 製品概要

No image

ハイランダーのソロテント「A型フレームディアーグポリコットン」の気になるスペックをまとめてみました!

製品名:A型フレームディアーグポリコットン(キャノピーポール2本付き)

素材:ポリエステル65%、コットン35%(本体生地、収納袋)スチール(メインポール、キャノピーポール)

サイズ:約W270×H210×D270cm(本体フルクローズ)約W485×H210×D430cm(本体フルオープン)、約150cm(キャノピーポール)

収納サイズ:約W65×H23×D23cm

重量:約10.5kg

付属品:メインポール(1本)キャノピーポール(2本)、ペグ(14本)、ガイロープ(6本)、収納袋※インナーテントは付属しておりません

販売価格:37,800円(税込)

ハイランダー「A型フレームディアーグ」でソロキャンプを楽しもう!

No image

隠れ家的な贅沢空間を作れるソロ用テント「A型フレームディアーグポリコットン(キャノピーポール2本付き)」。

No image

デッドスペースがないA型フレームシリーズなら、テントの形状をいろいろ変えられて面白いのでは。ソロで居住性にこだわりたい方はご検討ください。

お問い合わせ
株式会社ナチュラム
TEL:06-6910-6634

▼快適なソロテントをお探しの方はこちらの記事もどうぞ!

aki

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加