Cleer初の、オープン型完全ワイヤレスイヤホン「ARC」。耳をふさがない快適なつけ心地で、小さな音量でも、本格的なサウンドを楽しめる

Cleer初の、オープン型完全ワイヤレスイヤホン「ARC」。耳をふさがない快適なつけ心地で、小さな音量でも、本格的なサウンドを楽しめる

  • Stereo Sound ONLINE
  • 更新日:2022/08/06
No image

エミライでは、アメリカ、Cleer初のオープン型ワイヤレスイヤホン「ARC」の取り扱いを開始する。市場予想価格¥24,200前後(税込)で8月12日に発売される。

ARCはオープン型イヤホンとして、一般的な「耳をふさがないイヤホン」とは一線を画す高い実用性と快適性、そしてイヤホンとしての確かな音質を実現する製品だ。製品開発において度重なるユーザーテストを行い、より深くユーザーの潜在的なニーズを捉えて製品化が行われているという。

[ 関連記事を読む - 完全ワイヤレスイヤホン ]

No image

シルバーのヒンジ部分は可動式のため、多くの方の耳にやさしくフィット。眼鏡をかけている方でも、快適に使う事ができる。また、装着する際は耳にひっかけるだけで使えるので、煩わしさもない。主張しすぎないデザインのため、日常の中に自然と溶け込むはずだ。

音質にも配慮し、小さな音量でも、本格的なサウンドで音楽・映像を楽しめるよう、16.2㎜ネオジウムドライバーを搭載。周囲に音漏れしにくい独自構造と合わせて、クリアーで本格的な音質を実現している。高音域や低音域を過度に演出することなく、空間的な広がりをもって音楽や映像コンテンツを楽しめる。

Bluetoothコーデックは、AAC、SBCに加えてaptXにも対応。音質チューニングは、ソニーやFフォステクス出身の日本人音響エンジニアも加わっており、日本人の感性に根差した細やかな音づくりが施されている。

No image

通話機能も搭載済み。最新のビームフォーミングテクノロジーと通話時のノイズ抑制で、クリアーな通話品質を実現。オンライン会議での使用時にも高いパフォーマンスを発揮するだろう。

耳をふさがない構造なので、スポーツ中などでも周囲の音が聞こえるので安心だ。汗をかいてもイヤホン本体を清潔に保つ事ができ、さらにIPX4の防水設計のため、水濡れや汗を気にする必要もない。

イヤホン単体で、約7時間の連続使用が可能。さらに10分間の充電で約1時間の使えるクイックチャージにも対応している。付属の充電ケースを併用すれば、11時間分の充電が可能という。

「ARC」の主なスペック

●使用ドライバー:16.2㎜ネオジウムダイナミックドライバー
●再生周波数特性:20Hz〜20kHz
●Bluetoothコーデック:SBC、AAC、aptX
●マイク:ビームフォーミングマイク
●バッテリー持続時間:7時間(イヤホン本体)+11時間(充電ケース)
●充電方法:USB Type-A端子
●防水性能:IPX4(イヤホン本体のみ)
●質量:14.5g(イヤホン本体)、115g(イヤホン本体+充電ケース)

No image

耳をふさがないイヤホンの決定版。確かな音質と快適さを極めた、オーディオメーカーCleer初のオープン型ワイヤレスイヤホン「ARC」発売のご案内 – Cleer

www.cleeraudio.jp

Stereo Sound ONLINE

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加