正代、迷いのない気持ちを保てるか/大ちゃん大分析

正代、迷いのない気持ちを保てるか/大ちゃん大分析

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/09/16
No image

正代は遠藤(右)を押し出しで破る(撮影・小沢裕)

<大相撲秋場所>◇3日目◇15日◇東京・両国国技館

正代が少しの迷いもなく相撲を取りきっている。

アゴが上がる、体が反り返る弱点を突かれようが今場所は、相手を自分の前に置いて馬力を生かした相撲を取るんだ、と集中しているようだ。相手を目の前でなく、左右のどちらかに置くと弱点があだになるが、この日の遠藤戦のように2本差されようが相手を常に正面に置いて、体全体で攻めれば持ち前の体の柔らかさも生かせる。最後に腹を使って圧力をかけたのも良かった。勝ち運に乗っている気がするな。

ただ、残り12日は長い。迷いのない気持ちを保てるかだ。早くも三役以上の勝ちっ放しは1人。全勝は俺しかいない、などと意識すると肩に力が入ってしまう。今場所も早くも混戦の様相だ。余計なことは考えず、目の前の一番に集中することだ。(高砂浦五郎=元大関朝潮・日刊スポーツ評論家)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加