「イオンモール横浜西口」2023年秋開業 横浜駅から徒歩5分、ダイエー跡地

「イオンモール横浜西口」2023年秋開業 横浜駅から徒歩5分、ダイエー跡地

  • Traicy
  • 更新日:2021/07/21
No image

イオングループのイオンモールは、2023年秋に「(仮称)イオンモール横浜西口」を開業する計画を発表した。

「(仮称)横浜南幸地区共同建替事業」として、商業棟を権田金属工業が、住宅棟を都市再生機構(UR)が共同で整備する。イオンモールは権田金属工業から商業棟を賃貸借する。

なお、同社子会社のOPAが運営する「横浜ビブレ」とあわせて、「YOKOHAMA LIFE BASE」をコンセプトとして開発するとしている。入居するテナントなどは今後発表される。

建替事業の敷地面積は約7,000平方メートルで、商業施設は9階建て、延べ床面積は約35,000平方メートルで、イオンモールとしては小規模となる。施設名は仮称で、パース画像にはイオンモールのロゴはないため、新業態で展開する可能性がある。開業予定は2023年秋で、22階建ての住宅棟は2025年1月竣工を予定している。

柴田 勇吾(編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加