畑の持ち主の目の前でサツマイモを盗んでいく高齢者、「警察に通報」と警告してもやめず―中国

畑の持ち主の目の前でサツマイモを盗んでいく高齢者、「警察に通報」と警告してもやめず―中国

  • Record China
  • 更新日:2022/09/24
No image

畑の持ち主の目の前でサツマイモを盗んでいく高齢者、「警察に通報」と警告してもやめず―中国

2022年9月21日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)上で、他人の畑から堂々とサツマイモを盗んでいく複数の高齢者が注目を集めた。

時間視頻など複数の微博アカウントが伝えたところによると、河北省唐山市にあるサツマイモ栽培を請け負う男性の畑で20日、複数の高齢女性がサツマイモを掘り起こしているのを男性が発見した。男性の話では、男性が畑から離れるとやってきて、男性が畑に戻ってきても立ち去ることなく堂々とサツマイモを掘り返し、「収穫物」を懐にしまい込み、「警察に通報する」と警告しても一向に止めなかった。

この件について、中国のネットユーザーは「この前はカボチャ、そして今回はサツマイモ。法律で厳しく規定しない限り、これからもこういう被害者が後を絶たないんだろうな」「おいおい、明らかに泥棒じゃないか。道に落ちている物をネコババしないという古来の風習はどうした」「これじゃあ栽培しても損するだけだから、栽培を請け負う人もいなくなる。悪循環だな」「警察に通報しても、人を傷つけたり殺したりしていない限りみんな『お年寄りのやったことだから』で終わってしまう」「大したお金にならないサツマイモを盗むより、街でお金を乞う方がもうかると思うのだが」「高齢者に遵法意識を高める教育をしなければいけない」といった感想を残している。(翻訳・編集/川尻)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加