東京大学「ホームカミングデイ」10/16...一般も参加可

東京大学「ホームカミングデイ」10/16...一般も参加可

  • リセマム
  • 更新日:2021/10/14
No image

第20回ホームカミングデイ

もっと画像を見る
東京大学は、第20回ホームカミングデイを2021年10月16日に開催する。特別フォーラムは安田講堂よりライブ中継され、海外同窓会もリアルタイムでイベントを企画。ライブとオンデマンドを組み合わせた各種プログラムがある。家族や一般の人が参加できるイベントもある。

理学部のイベント「家族で体験理学のワンダーランド」は、この日を「ファミリーデイ」として、家族で参加できるイベントを行う。卒業生・修了はもちろん、卒業生・修了生の子供や近隣地区の小学生、学生や一般の人の参加も可能。当日は2つの講演に加え、講演の後に質疑応答の時間を設けている。

2021年10月16日午前10時30分から50分まで、オープニングセレモニーが安田講堂からライブ配信される。司会は、津田敦氏(東京大学執行役副学長、東京大学校友会副会長)、登壇者は、藤井輝夫氏(東京大学総長)、宗岡正二氏(東京大学校友会会長)。

「特別フォーラム」は午前の部(11時から12時30分)テーマ「藤井輝夫新総長が目指す東京大学の姿」と午後の部(1時30分から3時)テーマ「想定外に挑む!~不確実な時代を生き抜く処方箋~」の2プログラムがライブ配信される。登壇者たちが多角的な視点から意見交換する。誰でも参加できる。

また、海外同窓会「ニューヨーク銀杏会」「桑港赤門会(サンフランシスコ赤門会)」、他多数参加、午前8時からライブ配信される。

理学部は、この日を「ファミリーデイ」とし、家族で参加できるイベントを行う。須藤靖氏(物理学科教授)による講演「宇宙人はいるのだろうか?」と、小安喜一郎氏(化学科准教授)による講演「目に見えないくらい小さい金属の粒のおはなし」。講演の後に質疑応答の時間を設けている。午後1時30分から3時までYouTubeライブ配信される。学生や一般の人の参加も可能。参加はWebサイトから申込みが必要。

文京区立本郷小学校合唱団の歌がYouTubeオンデマンドで配信する他、東大オーケストラのOBOGおよび現役メンバー有志による室内楽演奏会がつくば市ノバホールにて無観客で行い、リアルタイムで配信。申込み不要で一般の人も視聴できる。

「~航空宇宙研究の最前線~」や「総合図書館バーチャルツアー・2021」「東京大学文書館へようこそ」等、他多数の展示がYouTubeオンデマンドで配信される。

他にも多数のプログラムがある。参加に申込みが必要なプログラムや定員を設けているプログラムもあるが、申込み不要で一般の人も視聴できるプログラムもある。詳細は東京大学ホームカミングデイWebサイトに記載されている。

◆第20回東京大学ホームカミングデイ
日時:2021年10月16日(土)
場所:オンライン
参加方法:Webから申し込む(定員を設けているプログラムもある)
※申込みが不要なプログラムも多数ある

【特別フォーラム】
時間:午前の部11:00~12:30、午後の部13:30~15:00
配信:ライブ配信
参加方法:誰でも参加可能

【東京大学理学部ホームカミングデイ2021 ~家族で体験理学のワンダーランド~】
時間:13:30~15:00
配信: YouTubeライブ
参加方法:Webサイトから申し込む
対象:卒業生・修了生の子供、近隣地区の小学生、学生、一般の人

大田芳恵

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加