ZIP!朝ドラマで注目の美女・出口夏希「お仕事のたびに芝居が楽しくなっています」

ZIP!朝ドラマで注目の美女・出口夏希「お仕事のたびに芝居が楽しくなっています」

  • WEBザテレビジョン
  • 更新日:2022/11/25
No image

ZIP!朝ドラマ「クレッシェンドで進め」に"藤田さん”役で出演する出口夏希 / (C)日テレ

【写真】制服姿が尊い…出口夏希演じる"藤田さん”の笑顔

女優の出口夏希が、朝の情報番組ZIP!の朝ドラマ「クレッシェンドで進め」(日本テレビ系、毎週月~金曜朝7:50ごろ)に出演中。10月17日より放送中の本ドラマは、宇仁田ゆみによる同名コミックが原作。バラバラの考え方や個性を持つ高校3年生が、大学受験目前の「合唱コンクール」を通して徐々に一つのハーモニーを作りあげる青春ドラマ。合唱はもちろん、大学受験や“全員が片思い”という恋の悩みも描かれ、一筋縄ではいかない青春が朝の5分間に開幕する。WEBザテレビジョンでは、主演の細田佳央太演じる“樫”君が思いを寄せる“藤田さん”を演じる出口夏希にインタビューを実施。合唱コンクールに参加するきっかけとなるキーマンを演じる工夫や、ドラマの見どころ、女優業について語ってもらった。

出演決定時には…「ワクワクが大きかった」

No image

ZIP!朝ドラマ「クレッシェンドで進め」に出演する出口夏希 / (C)日テレ

――ZIP!朝ドラマ「クレッシェンドで進め」に出演が決まった時の感想は?

出口:合唱コンクールのお話っていうことを聞いて、私も中学校の時に中学3年生で合唱コンクールを経験しているんですが、本当にこの「クレッシェンドで進め」のようにみんなで一致団結して頑張って賞を取るぞって想いでやっていたので、なんだか懐かしさを感じました。

――リアル学生時代に合唱コンクールに出る体験をしたんですね。

出口:最初お話したときは、「あ、またあの時のことができるんだ」っていうワクワクが大きかったですね。

――ZIPの朝の連続ドラマ「クレッシェンドで進め」は、平日毎朝5分尺で放送されるという今まで経験したことのないお仕事ですけね。ファンの方、視聴者の方からどういう反応が来ていますか。

出口:SNSなどでいただく反応では、今までは同年代の方が多かったんですけど。朝のドラマが初めてだったので、見る方や感想なども同世代の方たちだけではなく上の世代の方にもみて頂けてるなって。「見たよ!」と言ってくださる方の年齢層が以前より幅広くなったなという気がします。

――今まであまり交流がなかったような方たちからも反応があるんですね。今まではやっぱり若い女の子のファンが多かったんでしょうか?

出口:もともと女の子の方が多かったと思うんですけど、今回の「クレッシェンドで進め」でおじさま世代の方とか、同世代だけではなく年齢が上の方からの感想が増えて「子どもと一緒に見てます」と言ってくださる方もいました。

“藤田さん”役はとにかく元気に明るくを追求

No image

ZIP!朝ドラマ「クレッシェンドで進め」に出演する出口夏希 / (C)日テレ

――あまり緊張やプレッシャーを感じないタイプなんでしょうか。どのように藤田さんを演じる工夫をされていますか?

出口:最初台本読んだ時に、藤田さんと私が共通点っていうとあまりなくて、藤田さんってすごくみんなをまとめて真面目でしっかりした人で、監督にもプロデューサーの方にも「元気で明るく」とずっと言われています。わたしも、“元気”はあるんですけど、藤田さんみたいな“しっかりした人の元気”って何だろうって、ずっと分からなくて悩んでました。それと、藤田さんはみんなをまとめたりする役割なので、声をみんなの前で張らなきゃいけなかったり、普段そういうまとめ役じゃないので難しかったです。

――放送も始まって、今もまさに撮影中ですが、その“難しさ”は変わらずでしょうか。

出口:日々みんなと話したり監督ともお話しさせていただいて、少しずつ藤田さんの役がわかってきたなって感じもするんですけど、まだ私の中の藤田さんを追求しています。

――そこはひょっとしたらドラマ後半で、また藤田さんが少しずつ変わってくる可能性もあるかもしれないですね。長野県松本市での撮影で、映像も素敵ですよね。撮影現場はどんな雰囲気でしょうか。

出口:主演の細田さんの立ち振る舞いや雰囲気も大きいと思うんですけれど、出演者の中に15歳の方もいたり、比較的同世代が多いんですけれど、キャピキャピワーワーしてるわけでもなくて、みなさんそのオンオフがちゃんとできてる現場だと思います。

――出口さんは物語を引っ張る藤田さんという役柄で出ていますが、出口さんの目線から見た、このドラマの見どころは?

出口:舞台を長野県の松本市を舞台にいているのもあって風景が素敵です。みんなで合唱に向かって優勝を目指していくっていうストーリーがすごい魅力的だと思います。

――藤田さんは、学校の伝統の「手ぬぐい」が思い出に欲しくてみんなを一つにするリーダー的役割ですが。出口さん本人と“藤田さん”の共通点はどんなところでしょうか。

出口:私は、藤田さんと違って勉強があまり得意じゃないんですけど、受験の時は、努力を認めてもらいたい、という気持ちで頑張れました。今回演じた藤田さんは手ぬぐいがほしくて頑張りますが、手ぬぐいが欲しいだけじゃなくて、それ以上にみんなとの時間を大切にしたいって想いもあるのでそういう所は学生時代の私との共通点かもしれません。

女優の仕事はまだまだ勉強中だけど、「現場に入るたびに楽しくなっている」

No image

ZIP!朝ドラマ「クレッシェンドで進め」に出演する出口夏希 / (C)日テレ

――2022年は出口さんはファッション誌の専属モデルや映画の出演作などもあり、すごく活躍された印象があります。モデルやお芝居の仕事について今後の目標はありますか?

出口:毎回現場に入るごとに“わからない”から入るので、難しくて悩んでばかりだけど終わったときには「楽しかったなぁ」って思えるのがお芝居のお仕事です。目標は…いろいろな役をできるようになりたいと、今回のドラマを通じて思いました。でも、いただいた役でも精いっぱい過ぎて、正直まだ具体的なイメージは持てていないので、もっと経験を積んでからしっかりと目標と夢を探したい気持ちです。

――芝居のお仕事はどんどん大きい役になってきていますね。プレッシャーなどはありますか?

出口:緊張もプレッシャーも感じているんですけれど、緊張してないように見られますね。緊張するとヘラヘラしてしまう事があるんです (笑)。人前に出るのもいつも本当に緊張して、泣きそうになることもあるんですけど、毎回何回やっても緊張するのは変わりませんが、お仕事を重ねるたびに楽しくなっています。

ーードラマ視聴者にメッセージをお願いします。

出口:「クレッシェンドで進め」は、いろいろな個性ある生徒たちが登場して、みんなのそれぞれの悩みを解決しながら合唱を通して一致団結していきます。私も歌は好きです。昨日もみんなで一緒に声撮りしたんですけど、本当に気持ちよくて歌ってパワーがあるなと思いました。3年C組のみなさん、本当に、少しの時間でちゃんと気持ちが伝わるように歌えるようになったと思います!音楽は、その曲ひとつで落ち込むこともできるし、元気にもなれるもの。朝出掛ける前に見ていただいて、みなさんに合唱を通してパワーを届けたいです。

No image

ZIP!朝ドラマ「クレッシェンドで進め」 / (C)日テレ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加