マンU対リヴァプールが延期に...ファン200人が本拠地に押し寄せる

マンU対リヴァプールが延期に...ファン200人が本拠地に押し寄せる

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2021/05/03
No image

マンUファンがオーナーに抗議

2日(日)に行われる予定だったプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド対リヴァプールの試合は、ファンの抗議活動によりバスの到着が妨げられた上に、約200人のファンがオールド・トラッフォードのピッチに侵入したため、延期された。

マンU ウッドワードCEOが年内の退任を発表「貢献できたことを誇りに思う」

集まったファンは、クラブのオーナーであるグレイザー・ファミリーに抗議していた。そのため、警察、プレミアリーグ、トラッフォード評議会、そして両クラブは、この試合の実施が不可能であると合意に達した。

「オールド・トラッフォードでのセキュリティ侵害を受けて、マンチェスター・ユナイテッド対リヴァプールの試合は延期された。これは、警察、両クラブ、プレミアリーグ、地方自治体が一丸となって決めたことだ。オールド・トラッフォードにいる全ての人の安全と安心が最も重要であることに変わりはない。我々は(ファンの)気持ちの強さを理解し、尊重しているが、特に新型コロナウイルスに関連する違反行為を含め、あらゆる暴力行為、犯罪行為、不法侵入を非難する」

「ファンは様々な方法で自分の意見を発信することができるが、今日のような少数派の行動は正当化できない。私たちは、サッカー界にあってはならない危険な状況に対処しなければならなかった警察と警備員に同情している」とユナイテッドは公式声明を通じて発表している。

マンチェスター・ユナイテッドがヨーロッパリーグで生き残っていることを考えると、この試合がいつ行われるかはまだ分からない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加