最新FIFAランキング発表! 日本は1ランクダウンの24位、韓国はアップ...アジア勢トップにはイランが君臨

最新FIFAランキング発表! 日本は1ランクダウンの24位、韓国はアップ...アジア勢トップにはイランが君臨

  • FOOTBALL ZONE
  • 更新日:2022/06/23
No image

FIFAランキングが発表された【写真:高橋 学】

ブラジル、ベルギーのトップ2は不変、アルゼンチンが3位にアップ

国際サッカー連盟(FIFA)は6月23日、最新のFIFAランキングを発表した。森保一監督率いる日本代表は、前回から順位を1つ落とし24位となり、AFC(アジアサッカー連盟)勢ではトップのイランに続く2位となっている。

日本は11月のカタール・ワールドカップ(W杯)に向けた強化の一環として、6月シリーズで4試合のテストマッチを実施。パラグアイ、ブラジル、ガーナ、チュニジアと対戦し、2勝2敗の成績だった。

今回発表されたランキングでは、前回発表時(3月31日)から順位を1つ落とし24位に。アジア勢では、イラン(23位)に次ぐ2番手は変わらない。韓国は1つ順位を上げ28位、大陸間プレーオフで南米ペルーを下し、5大会連続6度目のW杯出場を決めたオーストラリアは3つ順位を上げ、39位となった。

世界のトップ10の順位は、ブラジル、ベルギーのトップ2は不変。アルゼンチンが1つ順位を上げ3位にアップし、フランスが4位に転落した。以下、5位イングランド、6位スペイン、7位イタリア、8位オランダ、9位ポルトガル、10位デンマークとなっている。(FOOTBALL ZONE編集部)

FOOTBALL ZONE編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加