「MOMはアンチェロッティ」...キャラガー氏、古巣リヴァプールのダービーに言及

「MOMはアンチェロッティ」...キャラガー氏、古巣リヴァプールのダービーに言及

  • サッカーキング
  • 更新日:2021/02/23
No image

キャラガー氏が“マージーサイド・ダービー”を振り返った [写真]=Getty Images

現役時代にリヴァプールやイングランド代表として活躍し、現在は解説者を務めるジェイミー・キャラガー氏が、“マージーサイド・ダービー”について語った。23日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

20日に行われたプレミアリーグ第25節でエヴァートンと対戦したキャラガー氏の古巣リヴァプールは、ホームで0ー2の黒星を喫した。FWリチャーリソンとMFギルフィ・シグルズソンが得点を挙げた試合となったが、この試合を振り返ったキャラガー氏は以下のように語っている。

「MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)は、3〜4人のエヴァートンの選手に与えることができるだろう。ただ私は、朝起きた時にもう一度試合を見返したが、彼らのMOMは監督のカルロ・アンチェロッティだったと思っている」

「エヴァートンがアンフィールドで勝利を挙げたのは、1999年以来22年ぶりとなる。それまでの成績は彼らにとって恐ろしいものであったと思う。あの試合の後、エヴァートンの選手やスタッフが狂ったように祝福していたが、それも当然のことだろう。そういった意味で、勝利に導いたアンチェロッティこそがMOMだと思っている」

ダービーの結果、現在リヴァプールとエヴァートンはプレミアリーグで勝ち点40で並んでいる。

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加