西川貴教、“日清パワステ”に凱旋「感慨深い」 配信型ライブハウスとして再起動

西川貴教、“日清パワステ”に凱旋「感慨深い」 配信型ライブハウスとして再起動

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2020/11/24
No image

『日清食品 POWER STATION[REBOOT]』のこけら落とし公演初日に登場した西川貴教 (C)ORICON NewS inc.

歌手の西川貴教が21日、日本初の配信型ライブハウス『日清食品 POWER STATION[REBOOT]』の「こけらおとし3DAYSライブ」の初日公演に出演した。

【ステージ写真】“思い出の地”で熱演をみせた西川貴教

1988年から10年間にわたり、東京・新宿区の日清食品東京本社ビルで運営していた『NISSIN POWER STATION』を22年ぶりにREBOOT(再起動)し、ネット時代の若者たちに向けて、ニューノーマル時代だからこそ出来る新しいエンターテインメントを発信していく。

開演前、報道陣の取材に応じた西川は、デビュー当時に“日清パワステ”のステージに立った思い出話に花を咲かせながら「僕らが10代の頃は憧れの場所だったんですが、年月が立って戻ってきたら『こんな感じだったっけ?』と。少し感慨深い気持ちです」と“凱旋”に喜びをにじませた。

無観客ライブという形ながら、コロナ禍で新たなライブハウスが開業したことについては「我々も来年以降、どういった形で音楽、エンターテインメント、自分たちを届けていこうかと葛藤していたさなか。その思いを支えてくれる場所が増えたということは感慨深いですし、最初に立たせていただくことは光栄です」と、しみじみ語っていた。

西川のほか、22日にバーチャルYouTuberの星街すいせい、23日に次世代ガールズバンドプロジェクト・Poppin'n Partyが出演する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加