飯塚翔太、20秒52で200メートル優勝 五輪参加標準突破ならずも走りに手応え/陸上

飯塚翔太、20秒52で200メートル優勝 五輪参加標準突破ならずも走りに手応え/陸上

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/05/03

陸上・静岡国際(3日、静岡スタジアム)男子200メートルは向かい風0・5メートルの決勝を飯塚翔太(29)=ミズノ=が20秒52で制した。小池祐貴(25)=住友電工=が20秒73で2位だった。

地元の静岡で大きな拍手を浴びた飯塚は「優勝できてよかった」とうなずいた。重心を体の内側に乗せ、スピードを生かしながら曲走路を走れたという。

東京五輪参加標準記録の20秒24には届かなかったものの「今日の動きの感覚であれば24も十分に切れる。いつでもこの走りをして、良い条件のときに切れる準備をしたい」と視線を先に向けた。

No image

優勝した飯塚翔太=3日、静岡スタジアム(撮影・桐山弘太)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加