札幌の元イングランド代表FWジェイが契約満了...家庭の事情でシーズン終了前に帰国「戻ってもコンサドーレの事を応援しています」

札幌の元イングランド代表FWジェイが契約満了...家庭の事情でシーズン終了前に帰国「戻ってもコンサドーレの事を応援しています」

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2021/11/25
No image

北海道コンサドーレ札幌は25日、元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド(39)との契約満了を発表した。

【まとめ】J1、J2、J3リーグ最新移籍情報を網羅!

ジェイは、アーセナルのユース出身で、コヴェントリー・シティやペルージャ、ブラックバーン、チャールトン、ウォルバーハンプトン、ストーク・シティ、カーディフ、QPR、シェフィールド・ウェンズデイとイギリス国内でプレーを続けた。

2014年にはタイのムアントン・ユナイテッドに移籍すると、2015年にジュビロ磐田へと加入しJリーグでの挑戦をスタートさせた。

2015年はJ2で32試合に出場し20得点を記録しJ2得点王。チームをJ1昇格に導くと、2年目はJ1で22試合に出場し14得点を記録した。

2017年に札幌へ完全移籍すると、ここまで5シーズンプレー。J1で106試合に出場し35得点、カップ戦で14試合2得点を記録していた。

なお、ジェイは家庭の事情によりシーズン終了を待たずに帰国。28日に帰国することとなった。

ジェイはクラブを通じてコメントしている。

「4年半という長い間サポートして頂きありがとうございました。北海道コンサドーレ札幌が私のサッカー人生で一番長く在籍したチームとなれたのは監督をはじめスタッフや選手のそしてサポーターの皆様のおかげでここまでこれたと思います」

「家庭の事情によりシーズンを待たずに帰国する事はとても残念に思います。イングランドに戻ってもコンサドーレの事を応援しています。チームは離れますが、これからも応援してもらえると幸せです。長い間ありがとうございました。」

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加