NBA史に残るセンター同士が“舌戦”、シャックの「172cm相手に30点だろ!?」にハワード「あまりに失礼だ」

NBA史に残るセンター同士が“舌戦”、シャックの「172cm相手に30点だろ!?」にハワード「あまりに失礼だ」

  • 月バス.com
  • 更新日:2022/11/25
No image

2007年NBAオールスターで一緒にダンスして楽しんでいたシャック(写真右)とハワード

【オニールの言葉に、ハワードが言い返す】

シャキール・オニール(元レイカーズ)と現在台湾でプレーするドワイト・ハワード(元マジック)が舌戦を繰り広げた。現地11月23日(日本時間24日)に配信された動画でオニールは、台湾で活躍するハワードを皮肉。これに対して、ハワードが“あまりに失礼だ”と言い返したのだ。

【動画】シャックのコメントシーン&ハワードの台湾デビュー戦ハイライトをチェック

いずれもNBA史に残る偉大なセンターであるオニールとハワードによる“舌戦”。先にけしかけたのはオニールである。

桃園レオパーズに入団したハワードは現地19日、台湾「T1リーグ」デビューを果たし、38得点、25リバウンド、9アシスト、4ブロックショット、FG成功率43.8%(14/32)、3P成功率20%(2/10)、フリースロー成功率66.7%(8/12)と大活躍を見せた。

シャックは司会者のアンソニー・アダムス氏、ジャーナリストのニシェル・ターナー氏と共に出演する「ザ・ビッグポスト・ウィズ・シャック」の中でハワードの活躍の話題となると、「単純に5フィート8インチ(約172cm)の選手に対しての30得点だろ?(実際は38得点) 私が毎週ワークアウトに行くジムのリーグみたいなもんだな。よくやったよ、ドワイト、オレは誇りに思うぜ(笑)」と身長が低い選手相手に活躍したんだろうと揶揄したのだ。

後日、この動画を見たハワードは、インスタライブでオニールに向けて語りかけた。「ヘイトをやめてくれ。台湾でプレーするオレについて話している動画を見たんだ。チームメイトやこのリーグ、台湾の人たちをあんな風にディスるのはやめてくれ。あまりに失礼だ。憎しみに満ちたコメントだ。あなたはもうそんな年齢ではないだろう? ヘイトするには年をとりすぎだ」とたしなめたのだ。

動画を見る限り、オニールはウケを狙って発言したように見える。しかし、少々言いすぎてしまったようだ。2人の舌戦は、これで終わりとなるだろうか。

文/広瀬俊夫(月バス.com)

【次ページ】シャックのコメントシーン&ハワードの台湾デビュー戦ハイライトをチェック

The postNBA史に残るセンター同士が“舌戦”、シャックの「172cm相手に30点だろ!?」にハワード「あまりに失礼だ」first appeared onバスケ専門情報│月バス.com.

月刊バスケットボール

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加