韓国政府「新型コロナ新規重症者の10人中9人が60歳以上...ワクチンを接種するように」

韓国政府「新型コロナ新規重症者の10人中9人が60歳以上...ワクチンを接種するように」

  • WoW!Korea
  • 更新日:2022/11/25
No image

韓国政府「新型コロナ新規重症者の10人中9人が60歳以上…ワクチンを接種するように」(画像提供:wowkorea)

韓国政府は「高齢層を中心に重症者が増加しているだけに、万全な医療対応が必要な時点」と明らかにした。

中央災難安全対策本部のチョ・ギュホン1次長(保健福祉部長官)は25日、政府ソウル庁舎で開かれた対策本部会議で、「7次流行が本格化する中、実効再生産数が1.10と、5週間連続で1を超えている」とし、「先週の新規重症者は409人で、その前週より16%増加しており、10人中9人は60歳以上の高齢者だった」と述べた。

対策本部はきょうの会議で、△冬の新型コロナウイルス再流行に備えた医療対応計画、△解熱鎮痛剤の需給方案を集中議論する。

まず、夜間・休日など脆弱(ぜいじゃく)時間帯の相談および診療拡大、自治体および医療機関の間における病床情報の共有および入院連携を通じ在宅治療者の医療接近性を高める計画だ。

療養施設など脆弱(ぜいじゃく)施設内の入所者の保護も強化する。訪問診療とワクチン接種が可能な医療機動専門班を来年1月まで延長運営し、優秀な接種施設に対するインセンティブの提供も推進する。

冬の新型コロナウイルス・インフルザ同時流行に備え、風邪薬の需給も安定化させる計画だ。

12月18日まではワクチン集中接種期間だ。チョ次長は、「60歳以上の高齢者、基礎疾患がある方は迅速にワクチンを接種し、感染と重症化の危険を事前に予防するようお願いする」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加