殊勲打の阪神・板山は「捨て身で必死に食らいつくことだけを」

殊勲打の阪神・板山は「捨て身で必死に食らいつくことだけを」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/10/14
No image

九回、適時二塁打を放つ阪神・板山=東京ドーム(撮影・水島啓輔)

(セ・リーグ、巨人0ー3阪神、25回戦、阪神13勝9敗3分、14日、東京ドーム)阪神は0ー0で迎えた九回2死一、二塁から、板山祐太郎外野手(27)、木浪聖也内野手(27)の連続二塁打で、3点を奪って、競り勝った。ヒーローインタビューで板山は「最高にうれしいです!捨て身で必死に食らいつくことだけを考えていました。ファームに落ちて、苦しい時もありましたけど、あきらめたら終わりだと思って…。大事な時にいいところで打ててよかったです」と喜びに浸っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加