ノリス、F1ルーキーシーズンの2019年にメンタルの不調があったことを告白

ノリス、F1ルーキーシーズンの2019年にメンタルの不調があったことを告白

  • AUTOSPORT web
  • 更新日:2021/10/14
No image

ランド・ノリス(マクラーレン)がルーキーシーズンにメンタル面での不調を抱えていたことを、自身が出演したテレビ番組で明かした。彼はF1デビューを果たした2019年に、しばしば自らの将来を悲観し、落ち込むことがあったという。

現在21歳のノリスは、2017年にヨーロッパF3のチャンピオンを獲得。翌2018年にFIA-F2でドライバーズランキング2位に輝くと、2019年にはマクラーレンからF1デビューを果たした。順調にキャリアを重ね、華々しくF1の舞台に登場したように見えるノリスだが、このとき彼は自らにのしかかるプレッシャーから、抑うつ状態にあったという。

スカイ・スポーツによると、イギリスの放送局ITVの番組『This Morning』に出演したノリスは、「先が全く見えず、もし次のセッションで上手くいかなかったら、僕はどうなってしまうんだろうと考えていた」とデビュー当時を振り返り、「落ち込むことが何度もあった」と明かした。

F1ルーキーシーズンの2019年に、ノリスは11回の入賞を果たし、ランキング11位という結果を残している。当時のチームメイトであるカルロス・サインツが表彰台とランキング6位を獲得していることに比べれば多少見劣りはするものの、ルーキーとしては決して悪くない成績だ。

だが、それまでのキャリアとは段違いの注目が集まるF1の世界にすぐに適応することは難しく、ノリスはSNSに寄せられる悪意あるコメントや、思うような結果を残せない焦りに苦しみ、ときには「来年もF1に乗れるだろうか」と不安に苛まれることもあったという。

しかし、F1での3年目となる2021年シーズン、ノリスは16戦を終えて現在ランキング4番手につける好調ぶり。第15戦ロシアGPでは初優勝まであと一歩というところに迫った彼は、「僕は今とても良い状態にある。何をするにも楽しくて仕方がないよ」と語り、不調が過去のものであることを示した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加