髪のプロに聞く! 美髪へと導く、頭皮マッサージ&スカルプケアのルール

髪のプロに聞く! 美髪へと導く、頭皮マッサージ&スカルプケアのルール

  • リンネル
  • 更新日:2022/05/13
No image

季節の変わり目になると頭皮がむずがゆくなったり、抜け毛が増えるなどのトラブルに悩んでいませんか? そんなトラブルを解決すべく、髪のプロに、頭皮環境を整えてくれる頭皮マッサージやスカルプケアのルールを伺いました。日常のお手入れにスカルプケアをくわえて頭皮が健康になると、髪も生き生きと若返ります。

自宅で簡単にできる! 頭皮マッサージ方法

健やかな頭皮のために、スカルプマッサージを取り入れましょう。気持ちよくて毎日続けられる、バスタイムの簡単マッサージ方法をヘアメイクの高野智子さんに伺いました。

【洗髪時の頭皮マッサージ】

No image

頭全体をもみほぐす

シャンプーを全体に行き渡らせてから行います。5本の指先で頭皮をつかむように耳の上あたりに置き、頭皮を押したまま指先を動かさずにマッサージ。前後・上下に位置を変えながら、円を描くようにして3回ほどもみほぐします。

No image

引き上げ

両手の人差し指、中指、薬指の3本で左右のこめかみをつかみ、頭皮を押しながらゆっくりと後頭部に向けて指を動かし、下から上へ引き上げていきます。髪が摩擦のダメージを受けやすいので、こすらないように注意しましょう。

No image

ツボ押し

両方の指先で頭部の真ん中をプッシュ。気持ちいいと感じる部分を見つけたら、深呼吸をし、息を吐くタイミングに合わせ、3秒ほど押して離します。リラックスしたいときにも効果的です。マッサージのあとはシャンプーをしっかり洗い流して。

教えてくれたのは……ヘアメイク 高野智子さん

No image

PROFILE

都内サロン勤務を経てナライユミ氏に師事。独立後はフリーのヘアメイクとして雑誌、広告等を中心に幅広く活躍。

頭皮&髪のお悩みを解決! 知っておきたいスカルプケアのルール

蒸れやにおいなど、大人の頭皮や髪のお悩みに、「RITZ代官山」のスタイリスト、高橋真以子さんが答えてくれました。

Q1. なんだか髪の毛に元気がないです……

A. 皮脂づまりが原因かも。サロンのスカルプケアを
「頭皮ケアの近道は、サロンで受けるヘッドスパやスカルプケアで、皮脂の汚れを取り除くこと。炭酸シャンプーや、自宅のシャワーヘッドをスカルプケアのものに替えるのも◎です」

Q2. 夕方になると頭皮が蒸れて不快です

A. 地肌に風を通す髪型が◎
「汗をかいてそのまま放置すると蒸れてにおいの原因に。地肌の汗を拭いたり風を通すために、夏場はまとめ髪よりもダウンスタイルがいいでしょう。ボブやショートもおすすめ」

No image

Q3. 地肌のにおいが気になる

A. シャンプー後、濡れたままになってない?
「夏場暑いからといって、お風呂上がりの髪を濡れたまま放置すると、頭皮も雑菌が繁殖しやすくなります。でも、高温のドライヤーを当てすぎると、髪が傷んだり、汗をかく原因に。ドライヤーを充分離すか、中温で乾かしましょう」

No image

Q4. 地肌を健康にして髪のエイジングケアをしたい

A. 頭皮を保湿し、血流をよくするケアを

「実は頭皮の乾燥や血流の悪化が髪の状態を悪くしています」と、高橋さん。フケやかゆみも乾燥からくることが多いのだとか。エイジングを防ぐためにも、うるおいを与えるエッセンスをつけて、頭皮を軽くマッサージしましょう。敏感肌の人でも使えるアイテムも増えています。

教えてくれたのは……RITZ代官山 スタイリスト 高橋真以子さん

No image

PROFILE

サロンワークや雑誌の撮影で活躍する人気スタイリスト。髪質のよいところを引き出すスタイリングが人気。

photograph:Ai Tomatsu styling:Sanami Okamoto hair & make-up:Tomoko Takano model:mii text:Ema Tanaka, Aki Sato illustration:Moe Itaba web edit:Mina Ota
リンネル2021年6月号より
※画像・イラスト・文章の無断転載はご遠慮ください

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加