日本初のBright&Winによるファンミーティング 「BRIGHT WIN 1st FAN MEETING IN JAPAN」開催!

日本初のBright&Winによるファンミーティング 「BRIGHT WIN 1st FAN MEETING IN JAPAN」開催!

  • ぴあニュース
  • 更新日:2021/10/14

「GLOBAL FAN MEETING」「Kun-gu 2gether Live on Stage」など、今までも多くのファンを集めて開催してきたGMMTVのファンミーティング。 今回は「BRIGHT WIN 1st FAN MEETING IN JAPAN」と題し、初の日本向け配信イベントとして開催された。その模様の一部を速報としてご紹介。

タイと日本を繋ぐ大事なビッグイベント。今回 GMMTV が選んだテーマは「日本の四季」。BrightとWinの目には、日本の四季はどう映っているのか、またそれをどう表現してくれるのか、開催前から観客のボルテージは最高潮。

画面が一瞬黒くなり、突然「TAKE OFF」という大きな文字が映し出され、かわいらしい飛行機の映像と共にBrightとWinが画面に登場。飛行機がタイを飛び立ち、時間をかけて日本に到着、という映像からスタート!
1曲目はBrightとWinがふたりで歌うドラマ『2gether』の曲「Kan Goo(カン・グー)」。イントロが流れるだけで、ファンにはドラマのシーンが蘇るほど印象的な楽曲のひとつ。今回は特別にふたりで歌唱し、日本の「春」をイメージした桜や富士山などの映像と共に楽しそうに声を重ねる。

No image

歌唱を終えたふたりを舞台上で出迎えたのはMCのGodjiとMC兼日本語通訳のHymn。そして舞台上の巨大なモニターいっぱいに映し出されたのは、200名の“ラッキーファン”。

Godjiから、「日本初のファンミーティングへようこそ。本日はタイから日本に向けてお送りしております。 肉体的には離れていますが、心は繋がっています!」という挨拶があると、頷きながら笑顔を見せるBrightとWin。

No image

そしてついに、BrightとWinからそれぞれ日本のファンに挨拶。日本語を交えながら挨拶するふたり。 初めての日本向けのファンミーティングということもあり、少し緊張した様子のふたりだったが、ラッキーファンたちはそれぞれ手を振ったりぬいぐるみを持ったりして BrightとWinへ歓声を送った。 今回のファンミーティングでは、感想をチャット画面に書き込める仕様になっており、お茶の間で見守っているファンも興奮している様子が、次々と投稿される文字からもうかがえる。

さらにオープニングでは、タイのおすすめスポットや体験してほしいことについても触れた。Winはぜひグルメを満喫してほしいということで、バンコクの中心部の「サイアム」という若者が多く集まるエリアをおすすめ。
Bright は南部のリゾート地プーケットで、きれいな海はもちろん山の風景も楽しんでほしいと話した。

No image

2曲目のテーマは「冬」。 傘を差しながら、浴衣や着物をイメージした衣装で現れたWin。日本でも 劇場公開された映画『2gether THE MOVIE』からWinのソロ曲「Ten Years Later」。 映像には日本の温泉地や雪などがロマンチックに描かれ、10年後も20年後も30年後も君と一緒だと歌うこの曲と共にファンの心を鷲掴みにする。

Brightが歌う3曲目は「Kod Tee(One Hug/抱きしめさせて(邦題))」
日本の「夏」のイメージと共に、Brightが好きな東京をモチーフとした豪華な映像や仕掛けでファンを驚かせる。

No image

この時点で、ハッシュタグ #BrightWinJAPAN がツイッター世界トレンド1位を獲得! 海外のファンも巻き込み、このイベントの注目度の高さがうかがえる。

そして話はふたりの出演作・ドラマ『2gether』、映画『2gether THE MOVIE』、そして今年の秋にタイで放送予定の『F4:Thailand:BOYS OVER FLOWERS』(タイ版『花より男子』)の話題に。「日本で『2gether』のドラマと映画がとてもいい形で受け入れられていることを嬉しく思っている」と語るBrightとWinのもとに、サプライズとして「2gether THE MOVIE」のキャストMan(マン)役のMike(マイク)、Type(タイプ)役のToptap(トップタップ)、Mil(ミル)役のDrake(ドレーク)、Phukong(プーコン)役のFrank(フランク)、Pear(ペア)役のLove(ラブ)、Boss(ボス)役のGunsmile(ガンスマイル) から、ファンミーティング開催についてのお祝いコメントが流れる。

Godjiは彼らの次回作『F4:Thailand:BOYS OVER FLOWERS』(タイ版『花より男子』)にも触れ、撮影中の様子や共演者のDewとNaniについて質問。するとそのDewとNaniからもサプライズ動画が! Brightも「全力を出し切った作品なので、みんなも絶対見てほしい」と呼びかけた。

また今回はファンとのチャレンジコーナーも多く設けられた。コーナーのひとつでは、ファンが描いた絵が何かを当てるゲームも開催。「トムヤムクン」という難しいお題に Bright がいち早く「トムヤムクン!」と回答。当ててもらえたファンも満面の笑みで応えるなど、終始和やかな雰囲気だった。

最後のテーマは「秋」。
曲はドラマ『Still 2gether』から、「Yang Koo Gun (Still Together)(邦題:まだふたりで)」。 なんと日本へのサプライズとしてタイ語の歌詞を一部日本語で歌唱!
ファンのために練習を繰り返した様子がうかがえる。これにはコメントを書き込んでいる日本ファンも驚きを隠せない。目に涙を溜めながら見るラッキーファンたちの様子も!

曲が終わると……本人たちも知らない日本のファンからのサプライズ動画が流れる。
日本のファンが ふたりを想って寄せた様々な画像が画面に映し出され、それらがモザイクアートとして最後はふたりの顔に。ラストには、これも日本のファンが考えたキャッチコピー「Let’s WIN a BRIGHT future 2gether」が現れる。ふたりは真剣にじっと画面を見続け、日本のファンからの愛を受け止めていた。

メッセージを求められたふたりは改めて日本のファンに感謝を伝えようとマイクを手にした。するとふたりから出て来た言葉はなんと日本語! それぞれ準備してきた心からのメッセージを伝え、ショーは終了となった。

およそ12,000人が日本各地から同時視聴した今回のファンミーティング。日本初の一夜限りの大イベントは、感動と共に幕を下ろした。

No image

________________
10/9(土)に開催された今回のファンミーティング。
「見逃した、どうしてもまた観たい」という多くの 声にお応えし、10/27(水)12 時~10/31(日)23 時 59 分まで 大好評につき見逃しアーカイブ配信が決定!見逃し配信チケットは 2,500 円(税込)。
・購入 URLhttps://w.pia.jp/t/bright-win/

また、アクリルペンたて、ガラスマグカップ、T シャツなどの開催記念グッズも販売。
ファンミーティングチケットとあわせてグッズを 10,000 円以上ご購入の方には、初の日本限定ファンミーティングに参加してくれる日本のファンのために企画された非売品「メモリアル写真集」が貰えます。詳細はこちらから
・販売 URLhttps://w.pia.jp/a/bright-win-goods

________
さらに、動画配信サービスTELASAでは「2gether」シリーズのキャストが活躍するバラエティ「Play 2gether」などを見放題配信中。BrightとWinもゲスト出演する「School Rangers」も配信予定。
また、「F4: Thailand:BOYS OVER FLOWERS(タイ版「花より男子」)」は CS テレ朝チャンネルで今年の秋放送予定。
そして、10/23(土)からは、渋谷HMVにてタイドラマの展示会・GMMTV EXHIBITION in JAPANが東京凱旋として東京に戻ってきます。ファンミーティングの中で語られたドラマ「2gether」の小道具や衣装を見ることができるので、こちらもチェック!

naoyakoike

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加