【日本S】オリックスが接戦制し2勝3敗に 8回3点差追いつかれるも、9回ジョーンズ代打決勝弾

【日本S】オリックスが接戦制し2勝3敗に 8回3点差追いつかれるも、9回ジョーンズ代打決勝弾

  • フルカウント
  • 更新日:2021/11/25
No image

代打決勝弾を放ったオリックスのアダム・ジョーンズ【写真:共同通信社】

27日第6戦からの“神戸決戦”へ望みつないだ

■オリックス 6ー5 ヤクルト(日本シリーズ・25日・東京ドーム)

「SMBC日本シリーズ2021」第5戦が25日に東京ドームで行われ、崖っぷちのオリックスがヤクルトに勝利。対戦成績を2勝3敗に戻し、27日からの“神戸決戦”へと日本一の望みをつないだ。

2回に先制を許すも、4回2死二塁から4番・杉本の中前適時打で同点。直後に村上のソロで勝ち越しを許したが、6回2死一、二塁からT-岡田の右前適時打で再び同点とした。7回には太田が右中間を破る一時勝ち越しの適時三塁打。「8番・二塁」でポストシーズン初スタメンに抜擢された3年目が起用に応えた。8回に4番手のヒギンスが山田に同点3ランを浴びたが諦めず、9回無死から代打ジョーンズが左翼席へ決勝アーチを架けた。

20日の第1戦で9回に逆転サヨナラと最高のスタートを切ったものの、そこから3連敗。1つも負けられない中で、この日は終盤に意地を見せた。27日の第6戦からは神戸に舞台を移し、25年ぶりの日本一を目指す。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加