本田翼、川口春奈、後藤真希...女性タレントが「ゲーム実況」に続々参入する理由

本田翼、川口春奈、後藤真希...女性タレントが「ゲーム実況」に続々参入する理由

  • 文春オンライン
  • 更新日:2020/07/01

芸能人のYouTube進出が目立っているが、新型コロナウイルスによる自粛期間中に、その傾向はさらに加速した印象だ。芸能人YouTuberのコンテンツはトークやメイク動画などが多いが、話題、視聴者数ともに目立っているのは「ゲーム実況」だ。特に本田翼や川口春菜、後藤真希などの女優、タレントが続々とゲーム実況に参入し、ネットユーザーやゲームファンから注目を集めている。その理由とそれぞれのYouTubeチャンネルの特徴を取材した。(取材・文=素鞠清志郎/清談社)

【画像】急性虫垂炎で手術、退院したという本田翼

No image

急性虫垂炎で手術、退院したという本田翼 ©AFLO

◆ ◆ ◆

確実に視聴者数を稼げる鉄板コンテンツ

ゲーム実況は、インターネット黎明期から人気のジャンル。「ヒカキン」や「はじめしゃちょー」などの人気YouTuberも、サブチャンネルなどでゲーム実況を行っており、確実に視聴者数を稼げる鉄板コンテンツとなっている。近年では、自身はゲームで遊ぶことはほとんどないが、実況動画はよく観ているという人も多く、その裾野は広がり続けている。まずはゲーム実況動画の変遷について、ゲーム・エンタメ総合情報サイト「ファミ通.com」の編集長・三代川正氏に聞いた。

「ゲームプレイを実況するという行為は、ファミコンブームの頃から一部のユーザーで行われてきた、うまいプレイをビデオに録画するというものの延長線上にあって、メディアの進化と共に発展してきたものだと思います。日本ではテレビ番組の『ゲームセンターCX』が先駆的で、有野晋哉さんが悪戦苦闘しながらクリアを目指す姿を視聴者が見守るというスタイルは、ゲーム実況動画のひとつのひな形になったと思います」(三代川さん)

インターネット時代が到来すると、個人でゲーム実況動画を配信する人も増え、一つのジャンルとして確立していく。

「ニコニコ動画が立ち上がってネット生放送という文化が一般的になってきてからは、ゲーム実況で有名になる人も出てきました。YouTuberという職業が成り立つようなると、ゲーム実況は世界中で人気のコンテンツとなり、例えば『ピューディーパイ』というスウェーデン人のYouTuberは、登録者数1億人を超えるという圧倒的な支持を集めています」

それだけの視聴者を獲得していれば、収益の面でも大きく期待できそうだ。では、なぜ今日本では芸能人、特に女性タレントのゲーム実況への参入が目立っているのだろうか。

本田翼はハードな描写のあるホラーゲームを実況

「まず、ゲームが趣味というのが、恥ずかしいことではなくなってきたことがあると思います。女性のゲームファンも増えていますし、ゲーム好きをアピールすることで、老若男女の幅広いファンに訴求することができます」

今までとは違った層のファンを獲得しやすいという面もあるかもしれない。

「本田翼さんは『Dead by Daylight』という、ちょっとハードな描写のあるホラーゲームを実況していて、コアなゲームファンからも注目されました。ゲーム実況は、その配信者の趣味や個性を発揮しやすいんだと思います。プレイ中の素のしゃべりから意外な一面を知ることができたり、ゲームを進めていくことで、一緒に何かを体験しているような気分が味わえる。そのタレントさんを、より身近に感じられる、共感度の高いコンテンツなのではないでしょうか」

では、実際にどのような動画が配信されているのだろうか。女優やタレント5名によるゲーム実況動画のガチ度や注目すべきポイントについて、ゲーム情報サイト「IGN JAPAN」などに寄稿し、ゲーム実況番組のディレクションも務めているゲームライターの畑史進氏に聞いた。

川口春奈と「一緒にゲームを進めているような感覚」

◆川口春奈「はーちゃんねる」 チャンネル登録者数103万人

「まだチャンネルもスタートしたてで、ゲーム動画も少ないので評価が難しいですが、『あつまれ どうぶつの森』をごく自然にプレイされていて、春奈さんと一緒にゲームを進めているような感覚になれます。門外漢でも、このゲームをやってみたいという気分になるので、ゲーム会社にとってはいいプロモーションになっているのではないでしょうか」(畑さん・以下同)

◆夏菜「なつなかん -夏菜YouTubeチャンネル-」チャンネル登録者数16.9万人

「ゲーマーを自称していますが、実況動画はレトロゲームが多く、それほどゲーム好きがどうかは伝わってきません。ただ『彼女が何かを楽しんでいる姿をみて、自分も楽しくなれる』という点では間違いのない動画ばかり。『ゼルダの伝説』がお好きなようで、一度クリアしたら『ハートの器』を取らずに初期体力の状態でクリアをめざすのが恒例という話も上がっており、そのプレイ動画を見てみたいと思いました」

ゲームファンの間では、逆に好感度が高くなったゴマキ

◆南明奈「あっきーなチャンネル」チャンネル登録者数3.8万人

「以前からゲームファンの間では相当なゲーマーとして知られており、他の配信番組でもゲーム実況をしていました。ゲームの腕前はほどほどなんですが、それがエンタメとしていい味を出しています。彼女はもともと『メタルギアソリッド』や『龍が如く』のようなハードなゲームがお好みのはずなんですが、チャンネルでは大衆受けをするほのぼのゲーム実況がほとんどなので、もっと様々なジャンルのプレイ動画に挑戦すると本領が発揮されるのでは?」

◆後藤真希「ゴマキのギルド」チャンネル登録者数11.4万人

「オンラインゲームを介した出会いで不倫スキャンダルを起こしていましたが、あの件でゲームファンの間では逆に好感度が高くなったゴマキさんだけに、ゲームに対する熱の入れ具合と実際の腕前は相当なもの。コメントも落ち着いていて的確なので、『実況動画』としても『攻略動画』としても楽しめるクオリティです。チャンネルには様々なテーマの動画がアップされていますが、いっそのことゲーム特化型にして実況生放送を増やしてもらったほうがより多くのファンに支持されるかもしれません」

本田翼は「専業のゲーム実況者と比較しても高スキル」

◆本田翼「ほんだのばいく」チャンネル登録者数208万人

「本田さんのゲーム実況動画の素晴らしい点は、高レベルの腕前だけでなく、一歩間違えれば大炎上してしまうようなゲームハード絡みの批評を口にするほどの熱の入れっぷりで、ゲーマーと名乗るに十分なポテンシャルを持っていることです。女優としてのイメージを保ちつつ、ゲームをプレイして、さらにコメントをするという作業はなかなか難しいものなんですが、軽快なトークを入れつつミスの少ないプレイをしているので、専業のゲーム実況者と比較しても高スキルを持っているといえます」

プレイヤーの意外な一面や、隠れゲーマーぶりが披露されるゲーム実況の世界は、参入のハードルも低めで、新たな才能を発揮する人はまだまだ出てくるはずだ。本田翼は、ゲーム開発にも携わっていると報じられており、まさに「趣味と実益を兼ねた」ゲーム実況の世界はますます活発になっていくことは間違いないだろう。

(清談社)

清談社

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加