【5月14日の花】ラクスパー ゆったり生けて美しい葉も愛でよう

【5月14日の花】ラクスパー ゆったり生けて美しい葉も愛でよう

  • CREA WEB
  • 更新日:2022/05/14

フラワーデザイナーの佐藤俊輔さんが一日一花、暮らしが華やぎ、活力をもらえるおすすめの花をナビゲート。今日は、花を飾ってみませんか?

No image

5月14日の花は「ラクスパー」

和名は「千鳥草(ちどりそう)」、「飛燕草(ひえんそう)」と呼ばれ、花が羽を広げた鳥のような見た目をしていることから、その名がつけられました。

茎の先からつぼみ、花、葉と整然と並び、スラリとしたフォルムをしています。

似たような花でデルフィニウムがありますが、デルフィニウムよりも全体的に小ぶりで華奢なので、アレンジをナチュラルにしたいときには、ラクスパーをセレクトするといいかもしれません。

中心の茎からいくつか枝分かれして、細い茎に小さなつぼみが付いているものがありますが、これもきちんと咲きますので、切り分けて水につけてあげるとよいでしょう。

また水草の金魚藻のような細かい葉も特徴的なので、あまり短く切りつめずに高さのある花器にゆったりと生けましょう。

【ラクスパーの花言葉】私の心を読んで下さい、信頼、軽快、陽気、生意気
【ラクスパーが誕生花の人】4月17日、4月19日、4月23日、5月21日、12月28日生まれ

No image

佐藤俊輔(さとう しゅんすけ)

フラワーデザイナー。大手百貨店退社後、花の世界へ。2014年モナコ国際親善作品展国内選考会で特別賞を受賞。'17年「女性自身」(光文社)、’19年日本最大級の花材通販「はなどんやアソシエ」にて季節のアレンジメントを連載。’20年から、CREA WEBにて「Playful Flower Life!」連載中。

文=佐藤俊輔
イラスト=佐藤弘昌

佐藤 俊輔

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加