おしゃれ上級者・フラワーアーティスト 竹田浩子さんの「ウィークエンド・カシミア」スタイルをレポート!

おしゃれ上級者・フラワーアーティスト 竹田浩子さんの「ウィークエンド・カシミア」スタイルをレポート!

  • Precious.jp
  • 更新日:2022/01/14

美意識のあるライフスタイルとは、自分らしい心地よさを自在に表現できること。

だからこそ、都会の生活からしばし離れて、自然に囲まれた別荘で過ごす日は、ゆっくりと心ゆくまで心地よさを楽しむための、「ウイークエンド・カシミア」を…。着こなしの提案とおしゃれ上級者の実例で、その奥深い魅力をご紹介しましょう。

今回は、おしゃれ上級者 竹田浩子さんの「ウイークエンド・カシミア」スタイルをご紹介します。

おしゃれ上級者の「ウイークエンド・カシミア」スタイルをレポート!

都会で多忙な日々を送るプレシャス世代にとって、休日にまとうカシミアは、心ほどける習慣です。オンの日とはひと味違う、軽井沢の山荘での装いを、デザイナーの竹田浩子さんに見せていただきました。

No image

竹田 浩子さん

フラワーアーティスト、「Nouvelle Nantucket Basket」デザイナー

(たけだ ひろこ)HT(アッシュテ)代表。フラワーアーティストとしてフラワーアレンジメントのデザイン、店舗やイベントの装花を手掛ける。また、現代的なライフシーンに映えるナンタケットバスケットのブランド「Nouvelle Nantucket Basket」のデザイナーとしても活躍。

「軽井沢で過ごす時間にはカシミアの優しい温もりを。それは、幼少期の思い出と共にあるスタイルです」

長い夏休みを軽井沢の山荘で過ごした幼少期から、竹田さんにとってカシミアはなじみのあるアイテム。「夏でもひんやりする日があって、カシミアニットは手放せないアイテムでした」と語ります。

No image

黒で統一したニット+デニムスタイルに、「edit & co.」のカフェオレ色のカシミアストールをさらりと巻いて。約145×210cmの大判サイズが優雅なリラックス感を演出。また、花に携わる仕事柄、普段は控えているリングも休日気分を高めるキーアイテム。友人がデザインする「arangina」のゴールドパールリングは、お気に入りのひとつ。

別荘でカシミアをまとうことは、自然と休日の習慣となり、多忙な日々を送る今、よりスマートな「ウイークエンド・カシミア」がマイスタイルに。さっとはおった瞬間、気分をオフにシフトできるストールをご愛用。

「黒の着こなしに、仕事シーンとは違う優しいリラックス感を授けてくれるグレージュ、ふわふわと柔らかなタッチをさまざまな巻き方で楽しめる大判サイズが魅力です」

表情豊かな風合いや四辺のフリンジに手仕事の温もりを感じられるのも、心惹かれるポイント。さりげなくもラグジュアリーな特別感を大切に…カシミアに長く親しんできた竹田さんの美意識を物語るスタイルです。

No image

暖炉の上には、幼少期からの思い出を物語るファミリーフォトを飾って。パーソナルな温もりが心和む時間と空間を演出する。

No image

アーティフィシャルフラワーと「ヌーヴェル ナンタケット バスケット」の『ナルシス』で、くつろぎの空間にモダンな華やぎを演出。

Precious.jp(プレシャス)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加