DeNA・宮崎、6年12億+出来高でサイン「僕の中では一年一年勝負」

DeNA・宮崎、6年12億+出来高でサイン「僕の中では一年一年勝負」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/11/25
No image

DeNA・宮崎

DeNA・宮崎敏郎内野手(32)が25日、横浜スタジアムで契約更改交渉に臨み、6年総額12億円プラス出来高払いでサインした。

「本当にすごい契約をしてもらったなと、より一層頑張らないといけない。6年という契約をいただきましたけど、僕の中では一年一年勝負の年だと思っている。今年の悔しい思いを忘れずにやっていきたい」

9年目の今季は、開幕直後は外国人不在の中で厳しいマークを受けながらも、141試合に出場し打率・301、16本塁打、73打点。2016年のレギュラー定着後、6年で4度目となる打率3割をクリアした。9月29日のヤクルト戦(神宮)では、プロ野球史上304人目となる通算100本塁打を達成。大卒、社会人経由の選手の100号到達は通算9人目で、球団では初の快挙となった。

今季取得した国内フリーエージェント(FA)権は行使せず〝生涯横浜〟を誓った宮崎は「技術的なところもそうですが、体力的なところも。疲れてバットふれなかった時期もあったので、何とかオフに体力をつけられるようにやっていきます」とさらなるレベルアップを誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加