フジ水10ドラマ「テッパチ!」で紹介 あの部隊も安倍元首相国葬に出動

フジ水10ドラマ「テッパチ!」で紹介 あの部隊も安倍元首相国葬に出動

  • 東スポWEB
  • 更新日:2022/09/23

27日に迫った安倍晋三元首相の国葬。儀式を支える自衛隊にとっては荘厳と緊迫の大舞台となる。ドラマで紹介されたあの部隊も重要な役割を担う。

国葬で儀仗を行うのが第302保安警務中隊。先日終了したフジテレビ系の水曜午後10時ドラマ「テッパチ!」で、主人公の陸上自衛隊隊員・国生(町田啓太)の先輩・風間(工藤阿須加)が同警務中隊を目指したいと明かす場面があった。

これを聞いた仲間たちから「市谷か…」と同隊の駐屯地を示す言葉が。続いて「自衛隊の顔である特別儀仗隊、通称302。国や自衛隊を代表する部隊」との説明が語られた。

ドラマのセリフで「強靭な体力と精神力を併せ持つ、よりすぐりの自衛官たち」「国賓を迎えるなど重要な国家行事、儀式に参列する部隊」「200名近い隊員が一糸乱れぬ動き」「そのための訓練は過酷」と隊員の資質や任務が次々と飛びだす。「容姿端麗で高身長が条件だし、風間さんには向いてますよ」と後押しする言葉もあった。

〝302〟をテーマにした書籍もあり、「イケメン部隊」との異名があることも明かされる。「防衛省全面協力」で製作された「テッパチ!」は、若き隊員たちの熱血青春物語で、「国防」を語るというよりは、普通の青年が情熱を傾ける自衛隊を親しみやすい存在に描いた。そこで語られた儀仗隊に、思わぬ形で世間にもアピールする大舞台が巡ってきた。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加