巨人が今季10度目零敗 DeNAと5ゲーム差に 3点追う8回無死満塁に中田、岡本和、中島で無得点

巨人が今季10度目零敗 DeNAと5ゲーム差に 3点追う8回無死満塁に中田、岡本和、中島で無得点

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/23

◇セ・リーグ 巨人0―3DeNA(2022年9月22日 横浜)

No image

<D・巨>8回1死満塁、見逃し三振に終わった岡本和(撮影・長久保 豊)

3位の巨人は2度の満塁機を生かせず、2位DeNAに無得点で敗れて連勝が3でストップ。DeNAとのゲーム差が5に開いた。巨人の零敗は8月19日の阪神戦(東京D)以来今季10度目。

9月に入ってから好調だった打線が相手先発左腕・石田に6回まで散発3安打に抑えられて無得点。石田に対して最大のチャンスだった3回の2死満塁では4番・中田が中飛に倒れ、4回から7回は石田、入江の前に二塁すら踏めなかった。

0―3で迎えた8回には相手3番手左腕・エスコバーから吉川の右前打と坂本の四球、エスコバーの悪送球で無死満塁としたが、4番手右腕・伊勢に中田は浅い右飛で三走・吉川がスタート切れず。岡本和が外角への152キロ直球に見逃し三振に倒れた後、代打の切り札・中島は二飛に終わった。9回は相手守護神・山崎にウォーカー、若林が連続三振。代打・増田陸も右飛に打ち取られた。

110日ぶり白星を目指した先発左腕のメルセデスは初回、2死三塁から牧に中前適時打されて先制点を献上。それでも、その後は走者を出しながら要所を抑えて5回4安打1失点と好投して降板した。だが、0―1のまま迎えた6回、2番手として登板した右腕・平内が1死から宮崎に右翼ポール際へ13号ソロを浴びて痛恨の失点。7回には4番手左腕・クロールも失点した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加