中日“ドラ3”石森「今年1年の即戦力として周りとは違う気持ちで挑む」新人合同自主トレで汗流す

中日“ドラ3”石森「今年1年の即戦力として周りとは違う気持ちで挑む」新人合同自主トレで汗流す

  • 石川テレビ
  • 更新日:2022/01/14
No image

中日ドラゴンズの新人合同自主トレが13日から始まり、石川県宝達志水町出身の石森大誠投手も汗を流しました。

石森投手:

「今年1年の即戦力って部分では、周りとは違う気持ちで練習に挑めたかなと思います」

13日、ナゴヤ球場で始まった、中日ドラゴンズの新人合同自主トレ。宝達志水町出身でドラフト3位の石森投手もランニングやキャッチボールなどで汗をかきました。

最速155キロのストレートを武器に、熊本の独立リーグではクローザーとしてチームの優勝に貢献した石森投手。即戦力として2月からのキャンプでも1軍スタートが期待されています。

13日は立浪新監督も姿を見せ、ルーキーたちの様子をチェックしていました。

立浪新監督:

「故障とか不安か所が無いかどうかのチェックですよね。コンディションを作っていってくれたら良いと思います。良い緊張感の中でスタート出来たのかなとは思っています」

石森投手:

「まず自分の目標である新人王には、キャンプ1軍(スタート)は必須になってくるので、強い球だったり遠投を入れながらしっかりマウンドに入って、沖縄で昨年の自分以上を出せるように頑張っていきたい」

新人合同自主トレは1月26日までで2月1日、キャンプインです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加