北大、室温において過去最高クラスの熱電変換性能を持つ物質を実現

北大、室温において過去最高クラスの熱電変換性能を持つ物質を実現

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/11/04

北海道大学(北大)は11月2日、室温において過去最高クラスとなる熱電変換性能指数ZT=0.11を示す新たな「層状コバルト酸化物」を実現したと発表した。北大、青色LED材料を活かして熱を電気に変換- 最先端熱電変換材料の2〜6倍

同成果は、北大電子化学研究所の張雨橋 外国人客員研究員(JSPS外国人特別研究員)、北大大学院情報科学院の高嶋佑伍大学院生、同・ジョヘジュン助教(兼北大電子化学研究所)、

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加