三菱自動車倉敷・広畑を2球団視察「上位候補」

三菱自動車倉敷・広畑を2球団視察「上位候補」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/21
No image

阪神2軍との練習試合に登板し、3回を2安打2失点の三菱自動車倉敷オーシャンズ・広畑

<2軍練習試合:阪神4-0三菱自動車倉敷オーシャンズ>◇21日◇安芸市民球場

今秋ドラフト上位候補の三菱自動車倉敷オーシャンズ・広畑敦也投手(23=帝京大)が、阪神2軍との練習試合で7回から登板し、3回を2安打2失点と力の一端を見せた。

阪神、日本ハムの2球団が視察する中で「初めて」プロを相手に投球。初回となった7回は3者凡退で切り抜けたが、8回に3番熊谷、4番板山に連続適時打を浴びて2失点。いずれも真ん中寄りの直球を痛打され「やっぱりしっかりコントロールするのが大事だと思った」と課題を痛感。

ただ同時に収穫も手にできた。自身の代名詞は、昨年の都市対抗野球大会で測定された回転数2645を誇る直球。「自分の真っすぐ、変化球をしっかり投げ切れたら打ち取れることも分かった」。7回に先頭打者の7番遠藤を一ゴロに打ち取った直球は、日本ハムのスピードガンでこの日最速の150キロ。奪った2三振も直球で仕留め、同球団のガンで常時140キロ台中盤から後半をマークした。

最速154キロと社会人随一の豪腕。視察した阪神の山本スカウトは「スピンの効いた良いストレートを投げていた。この時期であれだけ。上位候補として評価しています」とコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加