『ポプテピピック』2期第2話のグレートバリバリピピックがプラモに!

『ポプテピピック』2期第2話のグレートバリバリピピックがプラモに!

  • アニメージュプラス
  • 更新日:2022/11/25
No image

アニメ『ポプテピピック TVアニメ―ション作品第二シリーズ』第2話に登場した「超クソデカ合体 グレートバリバリピピック」がプラスチックモデルになって登場。グッドスマイルカンパニーの『MODEROID(モデロイド)』シリーズの最新作として、2022年11月25日(金)より予約が始まっている。

TVアニメ『ポプテピピック』は、大川ぶくぶによる同名4コマ漫画が原作。2018年1月から3月までTOKYO MXなどで放送され、30分間の放送中、前半と後半でほぼ同じ内容を放送したことや、毎回メインキャラクターの担当声優が変わるなど斬新な内容で大きな話題となった。オムニバス形式のギャグアニメで、細かな設定などは話ごとに変わっている。
2022年10月1日(土)より2期となる「TVアニメーション作品 第二シリーズ」が放送中だ。

「超クソデカ合体 グレートバリバリピピック」は、『ポプテピピック TVアニメ―ション作品第二シリーズ』第2話に登場した巨大ロボット。第1期の第13話(TVSP)に登場した「スーパーピピ美BARIモード」がパワーアップした姿だ。
往年の「勇者ロボ」シリーズを彷彿とさせるデザインで、それをイメージさせる演出が加えられていた。
「バリバリ」や「BARIモード」はアニメーター大張正己氏に由来している。大張氏はTVSP第13話、第2期第2話にも「スーパーバリザー」として携わっている。

「MODEROID 超クソデカ合体 グレートバリバリピピック」は、クリアパーツを含めた各成形色と彩色パーツ、シールにより組み立てるだけで劇中イメージに近い色分けを再現可能。劇中さながらのバリ造形と関節可動によるバリアクションを、合体時全高約175ミリの大ボリュームで楽しむことができる。

グレートクソキャノン、ロードオブカラミティ(パース有り/無しの2種)、バリアントキャノン、ミサイルポッドと多数の武装が付属。「フルバースト」も再現可能。

キットオリジナル要素として、グレートクソキャノンと超クソデカ合体用パーツを専用ジョイントで組み合わせることで、余剰メカ「謎フォートレス」状態に合体させる事が可能。グレートバリバリピピック合体時に余剰となるメカポプ子のパーツは、専用素体に取り付けることで「グレート "ミニ" バリバリピピック」として飾ることができる。

なお「MODEROID スーパーピピ美BARIモード」をすでにお持ちの方に向けて、「MODEROID メカポプ子+超クソデカ合体用パーツセット」も同時発売となる。

>>>「MODEROID 超クソデカ合体 グレートバリバリピピック」のポージング例などを見る(画像13点)

(C)大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加