錦織一清が五輪開催時期に言及「大事をとって、スポーツの秋ぐらいに」

錦織一清が五輪開催時期に言及「大事をとって、スポーツの秋ぐらいに」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/10
No image

錦織一清(2021年3月撮影)

少年隊の錦織一清(56)が、東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの開催について「スポーツの秋ぐらいにすれば良いのに・・・」と思いをつづった。

錦織は9日にツイッターを更新。「ここ数日でどんどんやる方向になってるオリンピック」と書き出し、中止や延期を求める声も多い中で政府や東京都などが今夏開催を進めていることに言及。「もうちょっと大事をとって、スポーツの秋ぐらいにすれば良いのに・・・マラソン選手の身体に負担も軽減しそうだし」との考えを示した。

続けて「それより今年は、子供達にたのしい夏休みが来て欲しい」と願い、「だって俺ら下町ルドレンは、夏休みの為だけに生きてたんですから」とつづった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加