女子スペイン代表15人「健康や精神面に悪影響」ビルダ監督の更迭要求もスペイン協会は監督支持

女子スペイン代表15人「健康や精神面に悪影響」ビルダ監督の更迭要求もスペイン協会は監督支持

  • 日刊スポーツ(サッカー)
  • 更新日:2022/09/25
No image

イメージ写真

女子スペイン代表の15人の選手たちが、ホルヘ・ビルダ監督が更迭されなければ代表ではプレーしないと主張した。これを受けてスペイン協会は23日、監督を支持する立場を鮮明にした。ESPN電子版が報じた。

選手たちは22日にスペイン協会へメールを送信。「代表の状況が健康や精神面に悪影響を及ぼしているため、代表活動を放棄する」と記していた。具体的に指揮官の何が問題なのかは明記されていなかった。

だが、これに対しスペイン協会女子部のトップ、アナ・アルバレス氏は「(選手たちの言動は)模範からは懸け離れていて、サッカーやスポーツの価値観から逸脱している。もし(15人の代わりに)若くて経験の少ない選手を招集しなければならないとしても、我々はそうする。代表活動はすべてに優先されるものだからだ」

「ホルヘ・ビルダは監督を続けたいと思っているし、我々はそうしてほしいと思っている」などと話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加