長崎市で男性の胸ぐらをつかみ200m以上車で引きずった男を傷害罪で起訴

長崎市で男性の胸ぐらをつかみ200m以上車で引きずった男を傷害罪で起訴

  • KTNテレビ長崎
  • 更新日:2022/11/25
No image

テレビ長崎

11月、男性の胸ぐらをつかんだまま車で引きずり、殺人未遂の疑いで警察に逮捕された男を、長崎地検は25日、傷害罪で起訴しました。

傷害の罪で起訴されたのは、長崎市の会社員 森 大地 被告(30)です。

起訴状によりますと森 被告11月5日、長崎市の路上で普通乗用車を運転し、信号待ちのために停止中、窓越しに男性の胸ぐらをつかみ、そのまま車で約217メートル走りました。

そして、男性に両膝の打撲や助骨を折るなど全治約3週間のケガをさせた罪に問われています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加