「UEFAとコンタクトを」CL放映権獲得の裏側

「UEFAとコンタクトを」CL放映権獲得の裏側

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/01/14
No image

WOWOWは「UEFAチャンピオンズリーグ」20-21シーズン決勝トーナメントを独占生中継する

今季も世界最高峰のサッカーが視聴できる-。WOWOWは14日、欧州チャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメント全試合を独占生中継、WOWOWオンデマンドでライブ配信することを発表した。決勝は5月29日(日本時間30日)に行われる。WOWOWが欧州CLを放送するのは02-03年シーズン以来18年ぶりとなる。

欧州CLの放送は18-19年シーズンからDAZNが放映権を持っていた。しかし昨年10月20日(日本時間21日)に新シーズンが開幕してみると、いきなり視聴できなくなっていた。日本からは欧州サッカー連盟の公式動画配信サービス「UEFA.tv」を通して、一部の試合を視聴できるのみで、ファンの間では困惑が広がっていた。それだけに、今回の放送決定にSNS上では「涙を禁じ得ない」「神すぎる」など、歓喜の声が渦巻いた。

この日のオンライン会見で、WOWOWの田代秀樹常務は「DAZNの放映権が解除になり、UEFAとコンタクトをとって、うまくまとまった」と経緯を説明。6月に開幕する欧州選手権の全試合も放送が決まっており「サッカーファンにとってエキサイティングなニュースになることを祈っている」と続けた。

欧州CLの組み合わせ抽選会は昨年12月14日にスイス・ニヨンで行われ、前回王者バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)はラツィオ(イタリア)と、最多13度の優勝を誇るレアル・マドリード(スペイン)はアタランタ(イタリア)と戦う。日本人選手としてはリバプールに南野拓実、ポルトには現時点で、中島翔哉が所属している。

◆欧州CLの放送 WOWOWは97-98年シーズンから02-03年シーズンまで6年間、放送していた。その後はスカパー!が放映権を獲得。18-19年シーズンからDAZNが日本での放映権を保持していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加