阪神・西勇が同点許す 山田、村上に連続長打浴びる

阪神・西勇が同点許す 山田、村上に連続長打浴びる

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/06
No image

ヤクルト打線を相手に力投する西勇(撮影・西岡正)

「ヤクルト-阪神」(4日、神宮球場)

阪神の先発・西勇輝投手が1点リードの四回、同点に追いつかれた。

序盤3イニングは二塁すら踏ませない、安定した投球を披露。ただ、打線がこの日、初めて三者凡退に倒れた直後の四回に失点を許した。

先頭・山田に高めへ浮いたチェンジアップを左翼線に運ばれ、無死二塁。続く4番・村上にフルカウントから低めのスライダーをうまく左中間に飛ばされた。二走・山田は悠々と本塁生還。同点となった。

なおも、無死二塁とピンチは続いたが、ここはさすがの落ち着きで後続を斬った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加