NEWS加藤シゲアキ、アイドル&作家の“二足のわらじ”生活語る「切り替えていられない」<1と0と加藤シゲアキ>

NEWS加藤シゲアキ、アイドル&作家の“二足のわらじ”生活語る「切り替えていられない」<1と0と加藤シゲアキ>

  • モデルプレス
  • 更新日:2022/09/23

【モデルプレス=2022/09/23】NEWSの加藤シゲアキが23日、都内で作家生活10周年記念書籍「1と0と加藤シゲアキ」(KADOKAWA)の刊行記念イベントを行った。作家とアイドルの“二足のわらじ”生活について語った。

No image

(写真 : 「宣伝してください(笑)」と報道陣へのアピールも欠かさなかった加藤シゲアキ (C)モデルプレス)

【写真】NEWS加藤シゲアキ「今まで断ってきた」「今年1番難しい仕事」共演者から称賛

作家生活10年を記念して刊行された同作では、これまでの作家生活を振り返る2.5万字ロングインタビューのほか、加藤のリクエストにより集結した8人の作家陣による共通テーマの作品書き下ろし、映画監督の白石和彌氏、劇作家の前川知大氏、お笑いタレントで作家の又吉直樹との対談などが収録されている。

書籍の企画が始動したのが約1年前。本来は3月に発売される予定だったが、盛りだくさんの内容のため度々延期に。「3月は無理、4月は無理…となってやっと発売された。半分くらい延びて、やっとできた」と安堵の表情だった。延期されたことで「結果的にやりたいことをすべてやることができた。自分でも夢のよう」と満足している様子。「今までの作品とは違う、愛情のある単行本ができた。名刺代わりの1冊。これを読めば加藤シゲアキの歴史がわかる」と胸を張った。

◆加藤シゲアキ、ツアー中の移動でも原稿チェック

作家とアイドルの“二足のわらじ”で、現在は全国ツアー中。「移動は執筆業になる。作家としての時間になりやすい。ツアー中の移動も、基本的に原稿をチェックしている。(アイドルとの兼業は)シームレスに行われている。ありがたいことに原稿の依頼が多くて、(作家とアイドルを)切り替えていられない。作家でありアイドルという状態を保っていないと書けない」と現状を素直に明かした。

多忙の中での兼業だが、原稿の締め切りは守るのが“作家・加藤シゲアキ”の信条のようで、「(締め切りに関しては)優秀ですよ、僕は。夏休みの宿題はゆとりを持って終わらせるタイプ。自分の真面目さを実感している(笑)」と自画自賛し、笑わせた。

加藤自身、作家とアイドルをきっちりと分別しておらず「作家であり、アイドルである。アイドルであり作家である。だからこそ脚本を書くことができたし、映像監督もできた。(作家とアイドルは)同一の存在」と語った。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加