バルサのクーマン監督、記者会見中に鼻血止まらず...心臓病後から服用の薬が原因か

バルサのクーマン監督、記者会見中に鼻血止まらず...心臓病後から服用の薬が原因か

  • サッカーキング
  • 更新日:2021/02/26

バルセロナのロナルド・クーマン監督が、記者会見中に鼻血を出したことで健康状態を心配されている。大手メディア『ESPN』が伝えた。
 クーマン監督は27日に行われるセビージャ戦に向けた前日会見を26日に行ったが、会見の途中から同監督が鼻血を出し始め、大量のティッシュを使って止血作業を行った。この影響で、会見は通常よりも早く切り上げられたようだ。クーマン監督が記者会見中に鼻血を出したのは今季2度目だが

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加