阪神・木浪 代打の代打で意地のタイムリー!41戦ぶりスタメン落ちに燃えた

阪神・木浪 代打の代打で意地のタイムリー!41戦ぶりスタメン落ちに燃えた

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/09/17
No image

8回、2点適時二塁打を放つ代打・木浪

「巨人7-6阪神」(16日、東京ドーム)

出番を待ち、集中力を切らさなかった。スタメン落ちの悔しさを胸に秘めて打席に立った阪神・木浪。与えられたチャンスは逃さない。意地をバットで示した。

5点を追う八回1死二、三塁の場面だ。反撃の流れに乗った。2点を返したところで巨人先発の田口が降板し、2番手・田中豊が登場。すると、阪神ベンチも代打・江越に代打・木浪を告げた。

「ベンチにいる時からずっと準備をしていましたし、初球から積極的にスイングしていけた結果がタイムリーにつながったと思うので、打つことができてよかったです」

初球の150キロ直球を空振りしたが、積極的なフルスイングを見せた。その後、ボールとファウルを挟んだ4球目、低めのフォークに反応。完璧に捉えた打球で右中間を破った。2点適時二塁打。執念の一打で指揮官の起用に応えた。

7月30日のヤクルト戦(神宮)以来、41試合ぶりにスタメンから外れた。試合前までの直近5試合は17打数2安打で打率・118。打撃不振に陥っていたが、託された打席で底力を発揮した。

遊撃の位置を譲る気持ちは一切ない。再びスタメンで出場し続けるために、バットで結果を刻む。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加