「Re:ゼロ」や「ガンダム」が光るマンホールに!  東所沢にKADOKAWAの人気作品が日本初の発光する「LEDマンホール」となって登場!

「Re:ゼロ」や「ガンダム」が光るマンホールに! 東所沢にKADOKAWAの人気作品が日本初の発光する「LEDマンホール」となって登場!

  • WebNewtype
  • 更新日:2020/08/01
No image

マンホールマップ

2020年8月1日に、埼玉県所沢市に日本初となる「LEDマンホール」が設置されました。しかもこのマンホールには、「Re:ゼロから始める異世界生活」や「文豪ストレイドッグス」「ファイブスター物語」「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」など、KADOKAWAの人気27種類のイラストが描かれています。

1:とある魔術の禁書目録

設置されるのは、JR武蔵野線・東所沢駅から「ところざわサクラタウン」に向かう歩道で、同施設への道案内や、夜間の防犯対策としても活用されます。LEDマンホールの点灯時間は17:00~26:00です。

<ところざわサクラタウン>

KADOKAWAと埼玉県所沢市が共同で進める、 みどり・文化・産業が調和した、 誰もが「住んでみたい」「訪れてみたい」地域づくりを行う「COOL JAPAN FOREST構想」の拠点施設。 書籍製造・物流工場やKADOKAWAの新オフィス、 イベントスペース(「ジャパンパビリオン」「千人テラス」)、 体験型ホテル(「EJアニメホテル」)、 ショップ(「ダ・ヴィンチストア」)、 レストラン(「角川食堂」)、 商業施設のほか、 角川文化振興財団運営の文化複合施設「角川武蔵野ミュージアム」も建設。2020年11月6日グランドオープン予定。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加