ロッテ・井口監督が試合終了後に退場処分 最後の打者の見逃し三振判定に猛抗議

ロッテ・井口監督が試合終了後に退場処分 最後の打者の見逃し三振判定に猛抗議

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/05/14

(パ・リーグ、オリックス1-0ロッテ、8回戦、ロッテ5勝3敗、14日、京セラ)ロッテの井口資仁監督(47)が審判団に対して侮辱的な発言をしたとして退場処分を受けた。

No image

試合終了後の抗議で退場処分になった、ロッテ・井口資仁監督(中央) =大阪市・京セラドーム大阪(撮影・林俊志)

問題となったのは1点を追いかける九回2死一二塁で最後の打者となったエチェバリアへのストライク判定。エチェバリアはフルカウントからオリックス・平野佳の外角低めの直球を悠然と見逃したが、判定はストライクでゲームセット。四球を確信していたのか、納得いかないエチェバリアは球審へ向かって両手を広げ、激高しながらベンチへ戻ると今度は井口監督が福家球審へ詰め寄った。

井口監督は険しい表情で審判団へ抗議。引き揚げる際に何か激しい口調で言葉を発すると退場を宣告され、マイクで場内に「ロッテの井口監督を侮辱的な発言で退場といたします」と説明された。後味の悪い幕切れとなった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加