ヤクルト・奥川「両親に届けたい」10代最後の登板で感謝のプロ初勝利

ヤクルト・奥川「両親に届けたい」10代最後の登板で感謝のプロ初勝利

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/09
No image

プロ初勝利を挙げ、つば九郎(左)、西浦(右)と笑顔でガッツポーズする奥川(撮影・西岡正)

「ヤクルト11-7広島」(8日、神宮球場)

ヤクルトの奥川恭伸投手が、5回10安打5失点でプロ初勝利を挙げた。

「ずっと立ちたいと思っていた」というプロ初のお立ち台で、記念のウイニングボールを掲げるとスタンドからは拍手喝采。その行方を尋ねられると…。すぐさま、つば九郎から手を差し出されて“狙われた”が、無邪気な笑顔で「両親に届けたいと思います」と断った。

これには初々しいヒーローを見守ったファンも笑顔に。16日に20歳の誕生日迎える右腕。10代最後の登板で、育ててくれた両親に恩返しする“プレゼント”を手にした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加