ホンダ レブル1100T 発売へ、大型スクリーン&サドルバック装備でより快適に

ホンダ レブル1100T 発売へ、大型スクリーン&サドルバック装備でより快適に

  • レスポンス
  • 更新日:2022/11/28
No image

ホンダ レブル1100T デュアルクラッチトランスミッション(ガンメタルブラックメタリック)

もっと画像を見る

ホンダは、フロントカウルとサドルバッグを装備した大型クルーザーモデル『レブル1100T』『レブル1100T デュアルクラッチトランスミッション(DCT)』を新発売。また、『レブル1100』『レブル1100 DCT』のカラーバリエーションを変更し、それぞれ2023年2月23日より発売する。

伝説のアメリカンライダー「ニッキー・ヘイデン」、幻のレプリカヘルメット アライ

レブル1100は、「Sit back & Enjoy the ride」を開発コンセプトとした大型クルーザーモデルだ。シンプルでクールなイメージのロー&ロングスタイリングと軽量かつ低重心で取り回しやすいサイズの車体に、扱いやすい出力特性の水冷4ストローク直列2気筒1082ccエンジンを搭載。通勤・通学から、週末のロングトリップ、パートナーとのタンデム走行まで幅広いライディングが楽しめる。

新発売のレブル1100T/レブル1100T DCTは走行風をやわらげる大型フロントカウルを採用したほか、積載時の利便性を高めるサドルバッグを車体後部の両側(右側16リットル/左側19リットル)に標準装備。スタイリッシュなデザインと利便性を兼ね備えた専用装備により、快適なロングツーリングに対応したモデルとしている。

カラーリングは、クールでスポーティな「ガンメタルブラックメタリック」1色の設定。価格はレブル1100Tが131万4500円、レブル1100T DCTが142万4500円。

レブル1100/レブル1100 DCTはカラーバリエーションを変更。モダンな「イリジウムグレーメタリック」(新色)と、クールでスポーティな「ガンメタルブラックメタリック」(継続色)の2色を設定している。価格はレブル1100が113万8500円、レブル1100 DCTが124万8500円。

【スズキ アドレス125 新型】“通勤快速”がグローバルモデルに成長して帰ってきた

スーパーカブのスウェットシャツ登場、ベーシック&レトロデザイン

ケブラー素材で保護、ライダー向けデニムパンツ

纐纈敏也@DAYS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加