【9月23日のちむどんどん】第120話 暢子は家族とやんばるへ移住することに 送別会に房子は...

【9月23日のちむどんどん】第120話 暢子は家族とやんばるへ移住することに 送別会に房子は...

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/09/22
No image

「沖縄料理ちむどんどん」で、暢子(黒島結菜・中央)と和彦(宮沢氷魚・左)の送別会が行われる

黒島結菜が主演のNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(月曜~土曜8時・土曜は一週間振り返り放送)。9月23日は第120話が放送される。送別会に房子の姿はなく…。

暢子(黒島結菜)は、和彦(宮沢氷魚)と健彦(三田一颯)と家族3人で、沖縄やんばるへの移住を決意した。やがて東京を去る日が近づき、暢子の店「沖縄料理ちむどんどん」で送別会が開かれる。三郎(片岡鶴太郎)をはじめ、長年暢子を見守ってきた人たちがそれぞれ思い出を語り、はなむけの言葉を贈る…。しかし、そこにフォンターナのオーナー・房子(原田美枝子)の姿はなかった。

朝ドラ106作目の「ちむどんどん」は、故郷の沖縄料理に夢をかけたヒロインと、支え合う兄妹たちの物語。食べることとおいしいものが大好きなヒロイン・次女の暢子を演じるのは、黒島結菜。沖縄県出身で、ドラマ、CM、舞台、映画をはじめNHKの連続テレビ小説や大河ドラマでも活躍する、いま最も注目を浴びる俳優のひとりである。語りは同じく沖縄県出身のキャスター、ジョン・カビラが担当する。主題歌は三浦大知の「燦燦」。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加